じゃんけん

じゃんけんとは?グー、チョキ、パーの3種類の手の形で勝敗を決める遊びです。順番を決める時や、鬼ごっこの鬼を決める時にも使います。English page : Janken

ジャンケンの遊び方

遊びの呼び名・・・ジャンケンポイ、ジャンケンポン、じゃんけん、ジャンケンポン、ジャンケンポイ、チッケッタッ、じゃいけん、いんじゃん、Scissors Paper Stone、Rock-paper-scissors、三竦み。

じゃんけんのルールと遊び方

グーチョキパーイラスト

手の指を全部握ったものを「グー」と呼びます。

2本の指を立てたものを「チョキ」と呼びます。

手の指を全部開いたものを「パー」と呼びます。

じゃんけん画像

1.「じゃん、けん、ポン!」の掛け声と同時にグー、チョキ、パーのうち、一つの手を出します。

じゃんけんイラスト

2.グーは石、チョキはハサミ、パーは紙を表しています。

石は硬く、ハサミではカットすることはできませんので、石はハサミに勝ちます。
はさみは、紙をカットすることができますので、ハサミは紙に勝ちます。
紙は石を包むことができるので、紙は石に勝ちます。

じゃんけんあいこでしょ

3.グーチョキパーのすべてが出た場合や、全員が同じ手を出した場合は、引き分けになります。

「あいこで、しょ!」と言って、勝敗が決まるまで、何度もじゃんけんを続けます。

田舎チョキ

田舎チョキ

人差し指と親指を立てたチョキを使っている人もいます。田舎チョキ、昔チョキ、男チョキなどとも呼ばれています。

無敵チョキ

この田舎チョキを出して、握った3本がグー、人差し指と親指がチョキ、手の平の部分をパーだと言って「これを出したらオールマイティーだから無敵!」なんて言っている子もいました。

無敵、オールマイティー、ぐーちょきぱー、ずるチョキ、いなかっちー、ズルじゃんけん、インチキジャンケン、てっぽうグッピッパー、などとも呼ばれています。

じゃんけんの掛け声

地域よって、じゃんけんの掛け声は変わります。

ジャンケンポイ
ジャンケンポン
最初はグー ジャンケンポイ
ジャンケンホイ
チッケッタッ
チーレッタッ
ジッケッタ
いんじゃんほい
じゃんけん ジャガイモ さつまいも お芋

あなたの住んでいる地域では、じゃんけんの掛け声をなんて言っていましたか?

コメント欄で教えて下さい。住んでいる県名も書いてね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

このサイトの運営者
しんごパパ ミックスじゅーちゅ代表の しんごパパ(松尾信悟)です。「すべての子どもたちが豊かに遊べる環境をつくる」活動をしています。フォローをして仲間になって下さい。
スポンサーリンク

コメント

  1. より:

    無敵チョキというのは知りませんでした。

  2. より:

    (広島さいしょはパーじゃんけんぽん

トップへ戻る