だるまさんの一日

だるまさんの一日
鬼は「だるまさんが、お茶飲んだ!」のようなお題を出してから振り向きます。子はそのお題に合った動きをする遊びです。小学2年生のちなつさんに、遊び方を教えて頂きました。達磨さんのいちにち。

だるまさんの1日の遊び方

はじめのいっぽ
基本的なルールは「だるまさんが転んだ」と同じです。

だるまさんが・・
鬼は「だるまさんが転んだ」と言うところを、だるまさんの生活を想像して、1日の出来事を言います。

お茶飲んだと言う
例えば「だるまさんが お茶飲んだ!」

「・・・ご飯を食べた!」

「・・・車を運転した!」

「・・・トイレに入った!」などと言います。

子は鬼が見ている間は、鬼が言った動きをします。

ゲームスタート

鬼に近づく子ども
子は鬼が目隠ししている間に鬼に近づきます。

鬼はお題をだします。

ジェスチャーをする子ども
子は鬼が言ったお題の動きをします。

子の動作を見るのも楽しめる遊びです。

鬼に捕まる
お題とは違った動きをして、鬼の合格がもらえなかった子は、鬼に捕まります。

鬼と手をつなぎます。

あとは「だるまさんが転んだ」のルールと同じです。

だるまさんがころんだ
目を隠している鬼に子は近づきます。鬼が振り向いたら子は動きを止めます。動いているところを鬼に見つかった子は負けになります。

コメント

  1. おじさん より:

    室内でやる

タイトルとURLをコピーしました