【手遊びじゃんけん】じゃんけんに手遊びを組み合わせた遊び 7種類まとめ

じゃんけんであいこのイラスト
おちゃらかほい、あっち向いてホイ、じゃんけんポイポイなど、じゃんけんの後にアクションをしたり、手遊びをしたり、頭を使って考えることで勝敗が決まるじゃんけんを集めました。

しんごパパ
しんごパパ

じゃんけんの基本ルールもご覧ください。

おちゃらかホイッ

おちゃらかホイッ
歌とジャンケンを合わせた遊びです。勝ち負けを争うのではなく、テンポ良く続けるのを楽しみます。せっせっせ。

おちゃらかホイッの遊び方
2人で遊びます。
相手と向かい合って、両手をつなぎます。

せっせっせーのと歌う子どものイラスト
「せっせっせーの…」と歌いながら手を上下に動かします。

よいよいよいと歌う子どものイラスト
「よいよいよい…」と歌いながら、つないだ手をクロスさせて上下に動かします。

おちゃらかを遊ぶ子どものイラスト
「おちゃらか、おちゃらか…」と歌います。
それぞれ左手の手の平を前に出します。
右手で自分の手の平と、相手の手の平を交互に叩きます。

じゃんけんの手を出す子どものイラスト
「おちゃらかホイッ!」と言ってジャンケンの手をします。

じゃんけんに勝った子と負けた子のイラスト
じゃんけんに勝った子は「おちゃらか勝ったよ~」と歌いながら両手を上へ上げます。
じゃんけんに負けた子は「おちゃらか負けたよ~」と歌いながら泣きまねをします。

じゃんけんであいこのイラスト
続けて「おちゃらかホイッ!」と言って、ジャンケンします。

腰に手をやる子どものイラスト
じゃんけんが、あいこだった場合は、「おちゃらかあいこで~」と歌いながら両手を腰に当てます。
じゃんけんとポーズを繰り返し、どちらかがポーズやアクションを間違えるか、飽きるまで遊び続けます。

スポンサーリンク

ジャンケンポイポイ

じゃんけんポイポイ
右手と左手で違う手を出して、負けそうな手を引き、勝ちそうな手を残す遊びです。じゃんけんホイホイ、ビームフラッシュ、ビームシュワッチ。

ジャンケンポイポイの遊び方
向かい合います。

「じゃんけん~♪」という掛け声で手を出す準備をします。

じゃんけんの手を出す
「ポイポイ」と言いながら、両手をクロスするようにして、それぞれの手でグーチョキパーのどれかを出します。

じゃんけんの手を考える
「どっち引くの?」と言いながら、どちらの手を引けばじゃんけんに勝てるか考えます。

じゃんけんの手を決める
「こっち引くの」言いながら、片方の手だけ引きます。
それぞれ残った手で勝敗を決めます。
あいこだったら始めに戻ります。

ポーズを決める
じゃんけんの後にポーズをとる遊び方もあります。
ジャンケンに勝った子は「ビームフラッシュ」と言いながら、ポーズを決めます。
相手の子が同じポーズをしたら勝ちです。

じゃんけんぽいぽいのポーズイラスト
決めポーズは、
ウルトラマンの「スペシウム光線」、
ウルトラセブンの「エメリウム光線」
ウルトラマンエースの「メタリウム光線」などがあります。

しんごパパ
しんごパパ

コツとポイント
「ポイポイ」の後に「どっち変えて」と言って、片方の手のグーチョキパーを変える遊び方もあります。

「どっち引くの」ではなく「どっち隠す」と歌う場合もあります。
負けた人に勝った人が「あんたばかね~♪」と歌うこともあります。
他のウルトラ兄弟の必殺技の場合もあります。

スポンサーリンク

あっち向いてホイッ

あっち向いてホイッ
「あっち向いてホイッ」と言った後に向けた指先と、同じ向きに顔を向けたら負けになるジャンケン遊びです。あっちむいてほい、こっち向いてホイ。

あっち向いてホイッの遊び方
相手と向かい合います。

じゃんけんをする子どものイラスト
「ジャンケン、ポイ!」と言ってジャンケンの手を出します。

じゃんけんをする子どものイラスト
じゃんけに勝った子は発言権があります。

指を立てる子どものイラスト
「あっち向いて・・・」と言いながら相手の顔に向けて指を差します。

左を指さす子どものイラスト>
「ホイ」と言うのと同時に、上下左右のどこかに指を差します。
じゃんけんに負けた子は、上下左右のどこかに顔を向けます。

あっちむいてホイに負ける子どものイラスト
指をさした方向と、顔を向けた方向が同じ場合は、顔を動かした子の負けになります。
指をさした方向と、顔を向けた方向が違った場合は引き分けです。
ジャンケンを繰り返して、もう一度遊びます。

あっち向いてホイの必勝法

あっち向いてホイに負けにくい必勝法があります。
「あっち向いて・・・」と差している手の甲が上を向いている場合は、差す指は上下が多く。
手の甲が横を向いている場合は、左右が多いそうです。

スポンサーリンク

たし算じゃんけん

たし算じゃんけん
じゃんけんで出した指の数を全部足します。足した数の合計を早く言った人が勝ちになるじゃんけんです。

じゃんけんを始める男の子と女の子のイラスト
相手と向かい合います。
「たしざんじゃんけん、じゃんけんポン!」と言って、じゃんけんの手を出します。

じゃんけんの手を出す子ども達のイラスト
2人が出した手の指の数を数えます。

素早く5と言う女の子のイラスト
足した指の数を早く言った子の勝ちです。
合計が間違っていた場合は、勝ちにはなりません。
グーは0、指1本は1、チョキは2、指3本は3、指4本は、パーは5です。
3人以上で遊んでみてもいいです。
人数が増えるほど、難しくなります。

同じ手を続けて出していると、勝ちやすいので、同じ手を続けて出してはいけないというルールにしてもいいです。

「リーダー対個人」で勝負してみてもいいです。
リーダーの出した手と自分の手を足して、それぞれ答えます。勝ち負けはありません。

両手たし算じゃんけん

両手足し算じゃんけん
「両手たし算じゃんけん」を遊んでみてもいいです。
足し算じゃんけんと同じように遊びます。
両手を出して、相手と自分が出した指の数を合計します。
足した指の数を早く言った子の勝ちです。

かけ算じゃん

かけ算じゃんけん
「かけ算じゃんけん」をして遊んでみてもいいです。
相手が出した指と自分が出した指の数をかけ算します。
かけた指の数を早く言った子の勝ちです。
かけ算じゃんけんでは、グーは使いません。グーが出た時の答えはすべて0になってしまうからです。

スポンサーリンク

ミッキミッキクーロ

ミッキミッキクーロ
発言者に釣られて、同じ指を出すと負けになるジャンケンじゃんけんです。
この遊びは掲示板にて斎藤賢一さんに教えてもらった遊びです。

ミッキ、クーロ、ベッテの説明
これは、じゃんけん遊びの一種です。
ミッキはチョキ(はさみ)、
クロはグー(石)、
ベッテがパー(紙)です。

腕組みをして向かい合う子どものイラスト
2人が腕組をして、向き合って立ちます。

じゃんけんをする子どものイラスト
じゃんけんをします。

ミッキミッキと言う子どものイラスト
勝った方が、いま出している指から(たとえばミッキでしたら)
「ミッキ、ミッキ、ベッテ」あるいは
「ミッキ、ミッキ、クーロ」
「ミッキ、ミッキ、ミッキ」と大声で言って「ベッテ」あるいは「クロ」「ミッキ」を出します。

ベッテという子どものイラスト
その時、相手もじゃんけんの乗りで出しますが、釣られて、言われた「ベッテ」や「クロ」を出すと負けになります。

ベッテベッテという子どものイラスト
勝った場合、同じ子が発言を続けます。
テンポよく繰り返します。

クーロと言う子どものイラスト
もし、釣られないで、「クロ」に対して「ベッテ」を出せば勝ちになります。

ベッテベッテという子どものイラスト
発言権が移って続いて「ベッテ、ベッテ、ミッキ」または「ベッテ、ベッテ、クーロ」「ベッテ、ベッテ、ベッテ」と声を出して、その指を出します。
勝負は、釣られて「言われた指を出す」と負けになるのです。
作家の吉村昭さんの生まれ育った、東京の下町あたりの、戦争中の子供たちがやった遊びです。

関連ページ

子どもの室内遊び
しりとり、早口言葉、じゃんけんなど教室の休み時間に遊べるような遊び。すもう、動物歩きのような体を使った運動遊びなど、室内遊びを100種類以上まとめました
じゃんけん遊びまとめ
いろいろな種類のじゃんけんの遊びのルールと遊び方をまとめました。
【運動じゃんけん】じゃんけんと運動を組み合わせた遊び 12種類まとめ
周りじゃんけん、おんぶじゃんけんなど、手押し車じゃんけんなど、じゃんけんと運動を組み合わせた遊びを集めました。学校の体育の時間に体を温める準備運動として遊べます。
体じゃんけんと体の一部を使ったじゃんけん遊び 4種類まとめ
体じゃんけん、足じゃんけん、顔じゃんけんなど、体の一部分を使って「グーチョキパー」を表現するじゃんけん遊びを集めました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました