日月板

日月板

日月版を放り投げて、太陽が出たら太陽チームが月チームを追いかけてタッチをします。月が出たら月チームが追いかけます。にちげつばん、日月鬼。

日月板の遊び方

日月版の遊び方

「日月版」を作ります。

段ボールを丸く切り、表に「日」(太陽)、裏に「月」の絵を描きます。

日月版を遊ぶ子どものイラスト

陣地を分けるため、まず真ん中に線、左右に1メートル開けて向かい合う線、さらに20メートル開けて両チームの陣地の線を書きます。

「日チーム」と「月チーム」の2チームに分かれます。

お互い向かい合う線に足を乗せます。

ゲームスタート

日月版を投げる子どものイラスト

ジャンケンをして勝ったチームが日月板を上にほうり投げます。

落ちる日月版のイラスト

落ちた日月板が「月」だったら、月チームが日チームを追いかけてタッチをします。

日チームは自分のチームの陣地まで逃げます。

「日」が出たらその反対、日チームが月チームを追いかけます。

自分のチームの陣地の線を越えて逃げることが出来れば安全地帯です。相手チームはタッチはできません。

タッチされる子どものイラスト

陣地に逃げ込む前にタッチされたら、敵のチームに入ります。

日月板を交代で投げてゲームを繰り返します。

どちらかのチームが全員捕まると、おしまいです。

コメント

  1. 匿名 より:

    よくわからない

  2. うっす より:

    色々な遊びがあっておもしろいです。

  3. やまなし なな より:

    ここで紹介されている「月光板」という遊びは、私たちの学校だと「コインタッチ」といいます。
    遊び方はほぼ同じですが、コイン(月光板)の表と裏のデザインを
    星や花のマークに変えたりしています。
    オリジナリティーがあっていいと思います。

  4. 匿名 より:

    いろいiな遊びがありました
    すごい

トップへ戻る