モップがけリレー

モップで新聞紙の球を転がして運びます。チームに分かれてリレーをして競います。モップがけ競争、モップがけレース。

モップがけリレーの遊び方

準備

野球の球ぐらいの大きさに新聞紙を丸めます。セロハンテープで留めてボールを作ります。

同じ人数になるようにチームに分かれます。

それぞれのチームで一列に並びます。

先頭の子にモップと新聞紙のボールを渡します。

ゲームスタート

モップ掛けレースのルール説明

リーダーが「スタート」の合図をしてゲームを始めます。

モップを使って、新聞紙のボールを転がして運びます。

リレーで遊ぶ子ども

新聞紙のボールを手で触ってはいけません。

折り返し地点を回る子ども

折り返し地点を回って、自分のチームの所に戻ってきます。

交代する子ども

自分のチームの所まで戻ってきたら、次の子に新聞紙のボールを渡して交代します。

次の子は同じように、モップで新聞紙のボールを運びます。

走り終わった子は、次に走る子(3番目の子)にモップを渡して、一番後ろに並びます。

繰り返して遊びます。

一番早く、全員の子が新聞紙のボールを運んだチームの勝ちです。

ゲームの後には、会場が綺麗になっているかもしれません。

用意するもの

モップ各チーム2本、折り返し地点用のコーン(もしくはペットボトル)、新聞紙、セロハンテープ。

コツとポイント

モップは乾いたものを使うといいです。

折り返し地点用のコーンがない場合は、大きめのペットボトルに水を入れて使うといいです。

遊びの変化

手に持つものを変えてみる。モップの代わりにデッキブラシや、ホウキを使っても良いです。

新聞紙を棒状に丸めたものを使ってもいいです。

転がす物を変えてみる。新聞紙のボールの代わりに、ゴムボールや空き缶を転がしてもいいです。

新聞紙のボールの大きさをサッカーボールの大きさに変えてみる。

障害物を置いてみる。

ゴミ集め競争とし、集めたゴミの量を競ってみる。

リレーではなく、ホッケーゲームのように遊んでみる。

スポンサーリンク

シェアする

トップへ戻る