大根抜き

大根抜き

大根に見立てた足を鬼が引っこ抜きます。子は抜かれないように仲間と腕を組んで耐える遊びです。だいこんぬき、大根引き、ひっぱり鬼。

大根抜きの遊び方

円を描く

円を描きます。

「鬼」を一人決めます。

鬼以外の人は「子」になります。

腕を組む

子達は円の中で足を伸ばして座り、隣の子と腕を組み丸い形になります。

足を引っ張る

鬼は、伸ばした足を大根に見立てて引き抜きます。

鬼が増える

円の外に出た子(引き抜かれた子)も鬼になり、引き抜くのを手伝います。

最後まで残った人が勝ち。最初に出され子が鬼になってもう一度。

遊びの変化

足を引っ張る

子が腹ばいになって遊ぶルールの大根抜きもあります。

大根を抜く

子達は円の中で腹ばいになります。

鬼は大根に見立てた子の足を引っ張って円から出します。

頂いたコメント

どさんこさん2009年06月27日 (土)
大根抜きは、壁を背にしてスタートします。札幌市バージョンです。

2010年01月01日 (金) 由希さん
「大根抜き」は私たちは「カブ抜き」と言って円になってくっつくのではなく、壁にそって隣同士で腕を組みました。

コメント

  1. かにかな より:

    楽しかったよー

  2. カナブーン より:

    修学旅行でやって、ばり楽しかったー♡抜く方だったけど好きなひとの足さわれたりするとキャー♡♡♡手もつかげるからサイコー♡

  3. 匿名 より:

    書いてあったルールの通りにやったら、楽しくできました。

学級ゲームリンク画像
学級ゲームリンク画像
タイトルとURLをコピーしました