たし算じゃんけん

たし算じゃんけん

じゃんけんで出した指の数を全部足します。足した数の合計を早く言った人が勝ちになるじゃんけんです。

たし算じゃんけんの遊び方

じゃんけんを始める男の子と女の子のイラスト

向かい合います。

「たしざんじゃんけん、じゃんけんポン!」と言って、じゃんけんの手を出します。

じゃんけんの手を出す子ども達のイラスト

2人が出した手の指の数を数えます。

素早く5と言う女の子のイラスト

足した指の数を早く言った人の勝ちです。

合計が間違っていた場合は、勝ちにはなりません。

グーは0、指1本は1、チョキは2、指3本は3、指4本は、パーは5です。

コツとポイント

3人以上で遊んでみる。
人数が増えるほど、難しくなります。

同じ手を続けて出していると、勝ちやすいので、同じ手を続けて出してはいけないというルールにしてもいいです。

遊びの変化

両手足し算じゃんけん

「両手足し算じゃんけん」を遊んでみる。
全員の両手の指の数を合計します。

かけ算じゃんけん

「かけ算じゃんけん」をして遊んでみる。
かけ算じゃんけんでは、グーは使いません。
グーが出た時の答えはすべて0になってしまうからです。

「リーダー対個人」で勝負してみる。
リーダーの出した手と自分の手を足して、それぞれ答えます。
勝ち負けはありません。

「3回勝負」
合計3回勝った人が優勝にします。
勝った人は左手の指を1本立てます。
1番早く指を3本立てた人が優勝です。

トップへ戻る