つもりかくれんぼ

隠れたつもりになって遊ぶ想像鬼ごっこです。病院の待合室など騒いではいけない場所でも遊べます7。想像隠れん坊、イメージ遊び。

つもりかくれんぼの遊び方

つもりかくれんぼの遊び方

隠れる子どもを「子」と呼びます。

子を捜す親を「鬼」と呼びます。

鬼も子も、その場を動いてはいけません。想像しながら遊びます。

子は、自分の体がピーナッツ豆ぐらいに小さくなったと想像します。

鬼は目を閉じて「10」まで数えます。

つもりかくれんぼイラスト

子は、植木鉢の裏や、ソファーの下など、小さくなった自分が隠れる場所を目で探して、隠れたつもりになります。

鬼は10まで数えたら「もういいかい?」と聞きます。

子は、隠れていなければ「まあだだよ」と言います。

隠れていたら「もういいよ」と言います。

鬼は、子が隠れていそうな所を聞いて、当たれば鬼の勝ちです。

スポンサーリンク

コツとポイント

小さな子どもには、具体的に小指の先を見せて「これぐらいに小さくなったんだよ」と言うと良いです。

コメント

  1. 山下浩太郎 より:

    すごく、小さい子が、好きそうな、遊びだとおもいます。10月27日に、「ふれあいサロン」というところで、いべんとが、あるので、そこで、活用してみたいと思います。

トップへ戻る
遊びの一覧 カテゴリー まとめ 検索