島鬼

地面に描いた島を行ったり来たりして鬼から逃げる遊び。しまおに、島渡り鬼。

島鬼のルールと遊び方

1、地面にいろいろな形の島を書きます。

2、「鬼」を一人決めます。

鬼以外の人は「子」になり、島の中に入ります。

3、ゲームスタート。

鬼は子を追いかけてタッチをします。

子は鬼から逃げます。

子は島の中に出たり入ったり出来ます。

島の中は安全地帯です。

鬼は島の中に入ことが出来ません。

4、鬼は島の中には入れませんが、手を伸ばして子をタッチすることが出来ます。

鬼にタッチされた子は鬼役を交代します。

子は島と島の間を行ったり来たりして鬼から逃げます。

サブルール

5、子が島の中から出て来ない時などは「10秒ルール」を取り入れましょう。

鬼が「10」数えます。

10数え終わる前に、子は島から出なくてはいけません。

島と島の間を「ケンケンで渡る」というルールにしても良いです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

このサイトの運営者
しんごパパ ミックスじゅーちゅ代表の しんごパパ(松尾信悟)です。「すべての子どもたちが豊かに遊べる環境をつくる」活動をしています。フォローをして仲間になって下さい。
スポンサーリンク

コメント

  1. ふみ より:

    なんじゃそりゃ。。

  2. コメントマン より:

    おしえたらみんなだいぜっさん
    ありがとー
    きにいったよ☆

  3. なっち より:

    意外にふつー
    もっといいのきたいしていた
    なんかがっかり

トップへ戻る