ロープあるき

ロープあるき

地面に置いたロープの上を、綱渡りのようにバランスをとりながら歩く遊びです。幼児の運動遊び。ロープ歩き、長縄歩き。

ロープ歩きの遊び方

ロープや大縄跳びの縄を使ってコースを作ります。

ジグザグさせたり、輪を作って地面にロープを這わせます。

ロープの端をスタート地点にして、もう一方の端をゴールにします。

ロープの上を踏みながら歩きます。

ロープから落ちたらスタート地点まで戻り、もう一度始めます。

遊びのアレンジ

4、5人のお友達と一緒に手を繋いだまま進んでも良いです。その場合すり足の横歩きになります。

関連ページ

縄跳びの縄やロープを使った「縄遊び 」11種類まとめ
ロープまわし、縄跳びのヘビのにょろにょろ、ロープ歩きなど、縄跳び用の短縄や長縄を使った運動遊びを集めました。公園や校庭で大人と子どもが一緒に遊ぶことが出来ます。縄跳びは、縄を跳ぶタイミングを合わせあり、瞬発力を使ってジャンプするといった運動を多くします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました