牛乳パックのぷかぷかラッコの作り方

牛乳パックのぷかぷかラッコの作り方
牛乳パックで作る可愛いラッコの手作りおもちゃです。牛乳パックは濡れても破れにくい素材なので、お風呂にプカプカと浮かべて遊ぶことが出来ます。貝殻に見立てたボトルキャップを叩くと、カスタネットのような音が鳴ります。Milk carton sea otter。

浴槽に浮かぶラッコのおもちゃ

作り方を動画で観る

YouTubeで作っているところをご覧下さい。

用意するもの

用意するもの
牛乳パック、ボトルキャップ、油性ペン、ボールペン、ハサミ、ホッチキス、セロハンテープ。

ラッコのおもちゃの作り方

牛乳パックをハサミで切って半分
牛乳パックをハサミで切って半分にします。

4つの角を切る
底が付いている方の牛乳パックで、ラッコの体のパーツを作ります。

4つの角を底に向かって切っていきます。

底まで切らないで、底の部分から2〜3㎝ぐらいを残します。

牛乳パックを開く
4つの側面を直角に折って開きます。

ラッコの絵を描く
油性マジックを使って、1つの面にラッコの顔を描きます。

頭と反対側の面にラッコのお尻としっぽと足の裏を描きます。

残りの左右の面にラッコの手を描きます。

ハサミで切り落とす
ハサミを使って頭とお尻と手の部分を切ります。

ラッコのおもちゃ
ラッコの体のパーツの出来上がりです。

この状態で完成としてもいいです。

お風呂に浮かべて遊ぶことが出来ます。

スポンサーリンク

ラッコのカスタネットの作り方


ラッコがおなかに乗せた貝殻を石で叩くという習性を真似したおもちゃにアレンジさせてみます。

牛乳パックを円に切る
ボトルキャップと手の先をつなげるパーツを作ります。

最初に切り落とした牛乳パックを使って、円のパーツを作ります。

円のパーツの大きさはボトルキャップより少し大きいぐらいです。

ホッチキスで止める
両腕を少し斜めにして、お腹の上にくるように曲げます。

ラッコの手先と円のパーツをホッチキスで止めます。

ホッチキスは2カ所止めます。

円のパーツがラッコの体の内側になるように止めます。

円のパーツを組み合わせる
ボトルキャップと円のパーツを組み合わせます。

爪で押し込む
爪の先でボトルキャップの内側の溝に円のパーツを押し込みます。

ボトルキャップと一体化
溝にハマると簡単には取れません。


最初に切り落とした牛乳パックとボトルキャップを使って、貝殻のパーツを作ります。


牛乳パックの底と同じぐらいの大きさに牛乳パックを切ります。

切った牛乳パックのパーツに、セロハンテープを使ってボトキャップを貼り付けます。

貝殻のボトルキャップ
油性ペンを使ってボトルキャップに貝殻の絵を描きます。

紙を折り曲げる
貝殻のパーツの端っこを少し折り曲げておくと、出し入れするときに指でつまめます。

ラッコのお腹に貝殻を入れる
ラッコのお腹に貝殻のパーツを入れます。

ラッコのおもちゃ
牛乳パックのラッコのおもちゃの完成です。

ラッコのおもちゃ横から見たところ

ラッコのおもちゃ下から見たところ

スポンサーリンク

ラッコのおもちゃの遊び方

ラッコのおもちゃの遊び方
ラッコの手の部分を指先で叩くと、「カチッカチッ」と音が鳴ります。

ラッコのカスタネット
カスタネットのように楽器として遊ぶことが出来ます。

浴槽に浮かぶラッコのおもちゃ
お風呂の浴槽に浮かべて遊ぶことが出来ます。

牛乳パックは塗れても破れにくい素材です。

水に濡らして遊ぶときはセロハンテープで貼った貝殻は使いません。

塗れるとセロハンテープが剥がれてしまいます。

ラッコのおなかの部分にボトルキャップを入れて遊びます。

コツとポイント

コツとポイント
貝殻のパーツを浮かせるように工夫すると叩いた時の音が変わります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました