5出しジャンケン

5出しジャンケン

親が出した指の数と、自分の出した指の数が、足して5になるように指を出す遊びです。

5出しジャンケンの遊び方

5出しじゃんけん

「ジャンケン」とみんなで言います。

お父さんが「ポン」と言って、0~5の間で好きな数の本数の指を立てます。

続けて子どもが「ポン」と言って、お父さんが出した指に、足して「5」になるように、自分の指を立てます。

繰り返して遊びます。

5出しじゃんけん04

お父さんが5本の指を立てたら、子どもは0本(じゃんけんのグー)出します。

5出しじゃんけん05

お父さんが一本指なら1なので、子は指を4本立てます。

タイミング良く「じゃんけん、ポイ!ポイ!」となるように指を出します。

トップへ戻る