ピーナッツを投げて口でキャッチする遊び(注意)

ピーナッツや小さなお菓子を上に放り投げて、落ちてきたところを口でキャッチして食べる遊び。大人には面白い遊びでも、小さな子どもがいる時には注意が必要です。

ピーナッツを投げて口でキャッチするあそび

未発達な乳幼児は食べ物を飲み込む力が弱いので、ピーナッツ、枝豆、節分の豆などの大きさの物を喉に詰まらせたり、気管に入り込んでしまうことがあります。

遊びながら食べたり、声を出して食べることにより、誤嚥(ごえん)の可能性は増します。

小さな子どもは注意が必要です。

消費者庁のサイトを参考にして下さい。

【消費者庁 子ども安全メール】

ピーナッツや節分の豆は3歳までは食べさせてはいけません

豆、ナッツ類は喉に詰まらせやすいので気を付けて

食品による子供の窒息事故にご注意ください

スポンサーリンク

シェアする

トップへ戻る