おせんべやけたかな

「おせんべやけたかな」と歌いながら数えて、焼けたおせんべいの手をひっくり返して遊びます。

おせんべやけたかなの遊び方

おせんべやけたかなの遊び方

わらべ歌おせんべ焼けたかな

手の甲を上にして、両手を前に出します。

数を数える人だけは片手を出します。

「おせんべ」まで歌う

「お・せ・ん・べ・や・け・た・か・な」と歌いながら、手の甲を順番に、指でつっついて数えます。

「やけたかな」と歌う

一文字で、一つずつ進みます。

おせんべいをひっくり返す子ども

「な」で止まった手は、おせんべいの片面が焼けたことになります。

手をひっくり返して、おせんべいの裏面を焼きます。

おせんべ

続いて、ひっくり返した手の次の手から「おせんべやけたかな」と数えます。

「な」で止まったら手を返します。

これを繰り返します。

おせんべいを食べる子ども

2回目の「な」が止まった手は、おせんべいの両面が焼けたことになります。

「もう焼けた」と言って、おせんべいを食べるまねをしてから、手を引っ込めます。

繰り返して遊び、両方の手を引っ込めた人の勝ちです。

遊びの変化

「おせんべやけたかな? やけたおせんべ うらがえし」
「おせんべ おせんべ やけたかな」
「おせんべやけたかな むしゃむしゃむしゃ」
などと歌う地域もあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

トップへ戻る
遊びの一覧 カテゴリー まとめ 検索