ボート漕ぎ

ボート漕ぎ

ラップの芯を船のオールに見立てて、手漕ぎボートのマネをする遊びです。

ボート漕ぎの遊び方

ラップの芯か、新聞紙を棒状に丸めた物を用意します。

親は足を前に伸ばして座ります。

子どもは親の膝の上に座ります。

子ども親もラップの芯を握ります。

ラップの芯を前後に動かします。

手の動きに合わせて体も前後に傾けます。

手漕ぎボートを漕いでいるのを想像して遊びます。

「いち、に、いち、に」や「ギーコ、ギーコ」や「よいしょ、よいしょ」などと、声をかけながら動かすといいです。

お互い向き合って座り、ボート漕ぎを遊んでもいいです。

遊びのアレンジ

カヤックやカヌーのマネをしてもいいです。

オール(パドル)の動かし方が手漕ぎボートとは違います。

カヌーが傾いた時には体も横に傾けます。

大波が来たり、激流を下る時には体を揺らして遊びます。

関連ページ

体を使った「親子の運動遊び」25種類まとめ
室内で遊べる体遊び、親子遊び、運動遊びです。幼児から小学生の低学年ぐらいの子どもと、お父さんやお母さんが体を使って遊びます。雨の日に外へ遊び行けない時でも、お部屋の中で遊ぶことが出来ます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました