新聞紙を叩いてやぶる遊び 4パターン

新聞紙を体の一部を当てたり叩いて破ります。空手の瓦割りをマネした遊びです。

新聞紙チョップ

新聞紙をチョップで破る

小さめに破った新聞紙か、チラシを一枚用意します。

親は新聞紙をピンと張って持ちます。

子は手を上から振り下げて、新聞紙をチョップして破きます。

新聞紙が「パン!」といって弾けるように破けます。

新聞紙キック

新聞紙をキックで破る

親は新聞紙をピンと張って持ちます。

子は新聞紙の中心をめがけてキックをして破きます。

新聞紙パンチ

新聞紙をパンチで破る遊び

親は新聞紙をピンと張って持ちます。

子は手をグーにします。

新聞紙の中心をめがけてパンチをして破きます。

体で当たって破る

新聞紙を体で当たって破る

新聞紙を一枚用意します。

親は両側から新聞紙を広げて持ちます。

新聞紙をピンと張ります。

子は新聞紙に体をぶつけて破ります。

初めはゆっくり歩いていき、体でぶつかって破きます。

慣れてきたら、走ってぶつかって破きます。

コツとポイント

紙には破れやすい方向があります。

新聞紙が破れにくい時は、予め破れやすい方向に、少し切れ目を入れておくといいです。

チラシを使って遊んでもいいです。

新聞紙やチラシなど、紙の側面は手などを切りやすいので注意しましょう。

おまけの遊び

「気」を飛ばして新聞紙をやぶく方法です。

「私ほどの達人になると、手を当てずに、気合いだけで新聞紙を破ることが出来るぞ!」と言います。

「はっ!」と言い、手の平を前に出して、新聞紙にめがけて「気」を飛ばします。

新聞紙を持っている人が、自分の力で新聞紙を破きます。

タイミング良く破けると、目には見えない気で新聞紙が破けたように見えます。

気を飛ばす人と、新聞紙を持つ人が協力したおふざけです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

トップへ戻る
遊びの一覧 カテゴリー まとめ 検索