手つなぎブランコ(注意)

両側から子どもの腕を持ち上げて、体を浮かせる遊び。急に腕を引くと、幼児は腕が抜けてしまうことがあります。注意が必要です。

手を繋いで体を持ち上げるあそび

6歳ぐらいまでの幼児は、関節を支える靭帯が未発達で軟らかいです。

子どもの腕を急に引っ張ると、輪状靭帯から骨がずれる、抜けてしまうことがあります(小児肘内症)。

お散歩中に手を繋いでいて、子どもを喜ばせようと、大人がやってしまうこの遊び。

小さな子どもには注意が必要です。

大人が注意すべきこと

小児肘内症」のことをよく知っておく。

子どもの腕を急に引っ張らない。

腕を引くことを子どもに伝えて意識させる。

手首をつかまずに、手と手を繋いで持ち上げる。

子どもが未発達なうちは手繋ぎブランコは避ける。

子どもが急に大泣きをした。腕がぶらーんとした。腕を動かせなくなった時には怪我を疑い、速やかに整形外科や接骨院を受診する。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

トップへ戻る
遊びの一覧 カテゴリー まとめ 検索