キックベース

キックベース

サッカーボールを蹴って、野球のルールで遊びます。キックベースボール、キッベー。

キックベースの遊び方

キックベースのルール

基本的なルールは野球と一緒です。

サッカーボールのような、大きいボールを使います。

バッターボックスは、ボールを蹴る時に2、3歩助走を付けられるように、少し大きめにします。

2チームに分かれて、先行と後攻を決めます。

ゲームスタート

ボールを転がす

ピッチャーはバッターに向けて、下手投げでボールを転がします。

ボールを足で蹴る

バッターは投げられたボールを足で蹴ります。

一塁ベースに走る

バッターはボールを蹴った後、1塁ベースを目指します。

ベースを踏んでいる間はアウトになりません。

1塁、2塁、3塁と回って、ホームベースを踏むと1点入ります。

アウト

フライを取るとアウト

フライで飛んできたボールを直接取るとアウトです。

ベースを踏むとアウト

ゴロで飛んできたボールを取り、ランナーが向かうベースを踏むとアウトになります。

仲間にボールを投げて渡してもかまいません。

ボールを当ててアウト

ボールを持ったままランナーの体にタッチしたり、ランナーの体にボールを当ててアウトにすることも出来ます。

頭や顔にボールを当ててはいけません。その場合はアウトにはなりません。

3アウトで攻守を交代します。

決められた回数を行なって得点の多いチームの勝ちです。

スポンサーリンク

ローカルルール

ファールアウト・・・ファールボールをアウトにする場合があリます。

空振りアウト・・・空振りをアウトにする場合があリます。

ピッチャーなし・・・ピッチャーをなしにして、ボールを蹴るところから始める遊び方があります。

チョロ禁止・・・野球のバントのように、ボールを軽く足に当てて転がす「チョロ」を禁止にする場合があります。

人数が少ない時は「透明ランナー」や、「三角ベース」のルールを使って遊んでもいいです。

見えない走者が塁にいることにして遊ぶ野球のルールです。 透明ランナーとは 空き地や公園、路地裏などで、「...
ボールだけあれば人数が少なくても遊べます。3塁のない野球の遊び方です。三角ベースボール。三角野球。三角野球...

キックベースの他の呼び名

キックベースボール、フットベースボール、蹴り野球、キッベー、フットベースボール。

トップへ戻る