猛獣狩り

幼稚園や保育園でも大人気の遊びです。動物の名前の文字数の人数で集まります。もうじゅうがり、動物タンバリン。

この遊びは掲示板にて、ちゅんさんに教えてもらいました。

ルールと遊び方

1、猛獣狩りに行こうよ (猛獣狩りに行こうよ)

リーダーが言った後に、子供たちが繰り返します。


2、猛獣狩りに行こうよ (猛獣狩りに行こうよ)

振り付け:こぶしを上げる。


3、猛獣なんて怖くない (猛獣なんて怖くない)

振り付け:腕を組んでエッヘン。


4、槍だって持ってるもん (槍だって持ってるもん)

振り付け:槍を投げるポーズ。


5、鉄砲だって持ってるもん (鉄砲だって持ってるもん)

振り付け:鉄砲を撃つポーズ。


6、友達だっているもん (友達だっているもん)

振り付け:腰に手を当てる。


7、『○○○(動物の名前)』

と、リーダーが言った動物の名前の文字数の友達と、グループを作って手をつなぎます。

コアラなら3人
ゾウなら2人
エリマキトカゲなら7人

コツとポイント

振り付けは、好きなように変えて下さい。

子どもたちを何人かのグループ分けにしたいときの導入としても遊べます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

このサイトの運営者
しんごパパ ミックスじゅーちゅ代表の しんごパパ(松尾信悟)です。「すべての子どもたちが豊かに遊べる環境をつくる」活動をしています。フォローをして仲間になって下さい。
スポンサーリンク

コメント

  1. マリオカートで俺の作ったカートをぶち壊した人 より:

    トゥトゥトゥゲームやこれwww

  2. キロウ より:

    先生が一押しのゲームだったから 調べたらこんなんだったんですね       意外と面白そう やってみたいです

  3. スピリチュアルライバー より:

    よく学校でやります❗

  4. M/W より:

    ほかの遊びは何かありませんか?
    約90名の中学生でします。

  5. ふうか より:

    オチタチタノセツメイオシエテクダサイ

トップへ戻る