Sけん・エスケン

Sけん・エスケン

地面にSの字を描いて相手チームの宝を奪う遊びです。Sの字(えすのじ)、8の字(はちのじ)S陣(えすじん)、Sの字合戦(えすのじがっせん)。

Sケン遊び方

地面にSの字を描く

地面に「S」の字と、Sの回りに休憩場所となる「○」を二ヶ所描きます。

2チームに分かれる

2チームに分かれます。

それぞれの陣地に空き缶やボールや石などの宝を置きます。

作戦会議をして、誰が攻めるとか、守るとかを決めます。

ゲームスタート

Sケンを遊ぶ子どものイラスト

用意が出来たらゲームをスタートします。

自分の陣地、相手の陣地、島の中では両足で移動出来ます。

出入り口から外に出たらケンケンで移動をします。

「S」の字が切れている所が出入口となります。

出入口以外からは陣地の中に出入りできません。

アウトになる子どものイラスト

「S」の外で両足をついた子はアウトとなります。

アウトになった子は外野で応援をします。(相手のチームの捕虜になるというルールの場合もあります。)

ケンケンをしながら相手を押して、足を付かせてもいいです。

「S」の字を踏んだり、超えた場合もアウトになります。

安全地帯に入る子ども

「○」の中は安全地帯です。

両足をついて休むことが出来ます。

安全地帯の中にいる子とは、戦ってはいけません。

相手チームの陣地に入ったら、両足をついて戦うことが出来ます。

ゲームの勝敗

先に相手のチームの宝を取ったチームが勝ちです。

激しい遊びになることもあるなで怪我には注意して下さい。

芝生の上で遊ぶ場合は、ロープで「S」の字を作って、休憩場所にフラフープ2個置くといいです。

校庭で遊ぶ場合は、ヤカンに水を入れて線を描いてもいいです。

コメント

  1. ひろ より:

    愛知県ではSと呼んでいました。宝物という概念は無く、相手チームを全滅させたら終わりです。敵に倒されたら相手陣地内の入り口から一番遠い位置に書いた印(宝物を置く位置と同じ場所です)に足を置き、捕まるごとに手をつなぎます。仲間がタッチできたら開放されます。開放されたら味方陣地(宝物を置く位置)から再スタートできます。子供のころ一番遊んだ遊びでした。

  2. 匿名 より:

    大阪の堺市では、Sかいせんでした。

  3. 匿名 より:

    千葉ではS廻戦と呼んでました。

トップへ戻る