三角ベース

ボールだけあれば人数が少なくても遊べます。3塁がない野球の遊び方です。三角ベースボール。三角野球。三角野球。手打ち野球。

三角ベースの遊び方

三角ベースの遊び方

三角ベースとは、狭い場所や人数が少ない時にでも遊べるようにと工夫された、野球のルールです。

基本的なルールは野球と同じです。

三角野球の図

本来ならピッチャーの後ろにある、セカンドベースがありません。

2塁の次はホームベースになります。

1塁、2塁、ホームベースを結んだ形が三角形になります。

チーム分け

三角ベースを遊ぶ子供

その場にいる人を2チームに分けて遊びます。

人数が少なくても、同じ人数のチームにならなくても遊べます。

野球が上手い子、上手くない子、年齢の違う子がバランスよく分かれるように、チームを作ります。

得点表

三角野球の得点表

土の地面には棒や枝で、コンクリートに時が描ける石などを使って「得点表」を描きます。

5回戦、もしくは6回戦の表裏でゲームを遊びます。

ボールだけで遊べる

ボールをキャッチするこども

バットやグローブを使いません。

素手で遊びます。

ピッチャーは下投げ

ピッチャー下投げ

ピッチャーはアンダースローで、山なりの打ちやすいボールを投げます。

バッターは手打ち

手打ち野球

バッターは手でボールを打ちます。

手打ち野球のボールを当てる所

「親指付け根」、「腕の内側」、「手の平」など、手の打ちやすい所でボールを打ちます。

ぶつけあり

ボールをぶつけてアウト

ランナーの体にボールを当てるとアウトになります。

透明ランナー

人数が少ない時は、走者なのに打順が回ってくることがあります。

透明ランナー」と宣言して、ベースを離れます。

透明の人間が塁にいると仮定して、バッターボックスに入ります。

次の塁にいる走者の進塁に押される形で、透明ランナーも進塁します。

 スポンサーリンク

三角ベースのサブルール

三角ベースの遊び方

子ども達の間で考えられたサブルールや、地域によって違う、ローカルルールがあります。

打ってから走る

バッターが打球を打ってから、ベースにいるランナーはスタートを切ります。

ワンバウンド

守備の人数が少ない時に、外野へボールが飛ぶと、簡単にランニングホームランになってしまいます。

バッターは打ったボールを、内野の中でワンバウンドさせます。

内野のみ

人数が少ない場合は、外野に守備を置かない場合もあります。

道具

ボールは柔らかい「ゴムボール」、「カラーボール」、「テニスの軟式ボール」を使います。

新聞紙をビニールテープを巻いた物を使ってもいいです。

ルールはその場にいる人たちで話し合って、自分たちで決めていくといいです。

透明ランナー
見えない走者が塁にいることにして遊ぶ野球のルールです。 透明ランナーとは 空き地や公園、路地裏などで、「...

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

このサイトの運営者
しんごパパ ミックスじゅーちゅ代表の しんごパパ(松尾信悟)です。子どもたちが豊かに遊べるように、環境をつくる活動をしています。
スポンサーリンク
トップへ戻る