かごめかごめ

かごめかごめのルール

かごめかごめの歌が終わった時に、鬼の後ろにいる人を当てる遊びです。わらべ唄、童謡。

かごめかごめの遊び方

かごめかごめの遊び方

「鬼」を1人決めます。

他の人は「子」になります。

鬼は真ん中に座ります。

子は鬼を囲むように丸くなります。

顔を手で覆う子どものイラスト

鬼は周りが見えないように、両手で顔を覆い、目をつぶります。

子は隣の人と手を繋ぎます。

ゲームスタート

かごめかごめを遊ぶ子どものイラスト

子はみんなで「かごめかごめ」を歌いながら、時計回りに回ります。

※かごめかごめの歌詞は、このページの下の方にあります。

回るのをやめる子どものイラスト

子は歌を歌い終わるのと同時に回るのをやめます。

その場に止まります。

後ろの子の名前を呼ぶイラスト

鬼は自分の後ろにいる子を当てます。

子の名前を言います。

あたりと言う子ども

当たれば鬼を交代します。

名前を言い当てられた子が鬼になり、同じように遊びます。

当たらなければ、鬼を続けて同じように遊びます。

かごめかごめの歌詞

かごめかごめ

かごの中の鳥は

いついつ出やる

夜明けの晩に

鶴と亀がすべった

後ろの正面だあれ

トップへ戻る