足相撲

あしずもう。

足相撲のルールと遊び方

1、体育座りをして片足の膝を両手でかかえます。


2、しゃくとり虫のように、足とお尻をずらして相手に近づき、向かい合います。


3、行司の合図とともに、空いている方の足を使って、相手の足を引っ掛けて倒します。

手を使ったり、足で相手を蹴ってはいけません。


4、バランスを崩して、倒れた方の負け。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

このサイトの運営者
しんごパパ ミックスじゅーちゅ代表の しんごパパ(松尾信悟)です。「すべての子どもたちが豊かに遊べる環境をつくる」活動をしています。フォローをして仲間になって下さい。
スポンサーリンク

コメント

  1. あほかす より:

    こんなのもありますよね。

    足相撲
    ①2人向かい合ってあぐらをかく。
    ②左足は立てるか横にして床に着ける。これは相手 と統一する必要はない。
    ③手は前か後ろで組む。これは相手と統一する。
    ④右足をあぐらのようにして相手と合わせる。
    ⑤「はっけよーい」でななめに立てる。「のこっ た」で右足どうしで押したり持ち上げたりして 戦う。相手の手が着いたり倒したら勝ち。蹴っ たら負け。相手のふくらはぎや太ももを持ち上 げると倒しやすい。

    足相撲(臑押し)
    ①体操座りみたいにお互いの右足を立てて前に出 し同じくらいのところで脛を合わせる。
    ②左足を相手の足の横に置く。
    ③腕相撲のように右足の脛を押す。相手を降参さ せたり倒したら勝ち。

    足指相撲
    ①足の親指を腕相撲のように絡めあわせかかとを つけて立てる。
    ②かかとを支点にして内側に押し合い倒したら勝 ち。
    ③コの字型の箱の内側で壁につけるように勝負し たりお互いに横に倒れやすいものを置いて勝負 する方法もある。

    足相撲(足押し)
    ①2人で座って向かい合い床に手を付く。
    ②足裏を合わせ押し合う。
    ③相手を倒したら勝ち。床に手を付けない方法も ある。

    前遊び係とかになったときに知りました。友達とやったけれど足指相撲だけは勝てない…

  2. ともちん より:

    おもしろい…けど勝負がつかない!!!

  3. いでつか より:

    ありがとうべんきょうになりました

  4. あさかわゆうき より:

    難しかったけど、楽しかった。

  5. 大橋貫太郎様 より:

    ありがとうございました

    これでお父さんとできます

トップへ戻る