ジャンケン手叩き

ジャンケンに勝ったら素早く相手の手を叩く遊びです。

ジャンケン手叩きのルール

スポンサーリンク

ジャンケン手叩きの遊び方

手を繋ぐ子ども

向かい合って握手をします。

ジャンケンをする子ども

空いている方の手でジャンケンをします。

手を叩く子ども

ジャンケンに勝った子は、負けた子の手の甲を素早く叩きます。

ジャンケンをする子ども

繰り返して遊びます。

手でガードする

じゃんけんに負けた子は、手の甲の前に手の平を出して、叩かれるのを防ぐことが出来ます。

手の平を出した時には、じゃんけんに勝った子は手を叩いてはいけません。

遊びの変化

握手の手を変えたり、負けた子が叩けるというルールに変えると、混乱して面白いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る
遊びの一覧 カテゴリー まとめ 検索