まわりじゃんけん

まわりじゃんけん
じゃんけんに負けた人が、勝った人の周りをぐるりと回るゲームです。2回連続で負けた人は、勝った人の周りを2周します。じゃんけんおまわり、ぐるぐるじゃんけん。

まわりじゃんけんの遊び方

①向かい合ってじゃんけんをする子どものイラスト
2人で向かい合います。

じゃんけんをします。

②じゃんけんに負けた子が勝った子が負けた子の周りを一周するイラスト
じゃんけんに負けた子は、勝った子の周りを一周して元の位置に戻ります。

③もう一度じゃんけんをする子どもたちのイラスト
じゃんけんをします。

④じゃんけんに負けて勝った子の周りを2周する子どものイラスト
2回連続で負けた人は、勝った人の周りを2周します。

3回連続で負けたら3周します。

連続で負けた回数だけ周ります。

連続で負けていても、じゃんけんに勝った時は周る回数がリセットされます。

1周から始めます。

じゃんけんを繰り返して遊びます。

遊びのアレンジ

じゃんけんに負けた時のアクションを変えることで違う遊びにアレンジします。

【大回りじゃんけん】
じゃんけんに負けたら、予め決めた場所まで走って行って、タッチしてから戻ります。場所が遠いほど体力を使います。

【ドリブルじゃんけん】
バスケットボールをドリブルしながら、相手のまわりを周ります。

【馬跳びじゃんけん】
じゃんけんに勝った子は馬になります。負けた子は馬跳びをします。

【壁タッチじゃんけん】
壁まで行ってタッチして戻ってきます。

【動物歩きじゃんけん】
動物歩き、犬歩き(ハイハイ)、熊歩き、アヒル歩きなどの体勢で、相手の周りを周ったり、壁をタッチして戻ってきます。走ってはいけない室内遊びのときに遊ぶといいです。「動物歩き」は下記のリンクを参照して下さい。

「動物歩き」の一覧 18種類まとめ
準備要らずで、すぐに出来る、体を使った遊びです。動物の歩き方、しぐさ、鳴き声をマネして体を動かします。動物歩きを遊ぶことで、手や足や体をスムーズに動かしたり、体勢を維持する力を身につけます。

関連ページ

じゃんけんに運動を組み合わせた「運動じゃんけん」 12種類まとめ
周りじゃんけん、おんぶじゃんけんなど、手押し車じゃんけんなど、じゃんけんと運動を組み合わせた遊びを集めました。学校の体育の時間に体を温める準備運動として遊べます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました