ケンケン相撲

ケンケン相撲
片足を上げたままケンケンで相撲をして遊びます。片足相撲(かたあしすもう)、押し相撲(おしずもう)。

ケンケン相撲の遊び方

ケンケン相撲の遊び方
まず円を描いて、土俵を作ります。

土俵の中で、片足を上げて向き合います。

ケンケンで相手と組む子どものイラスト
行司の合図とともに、組んだり、押したり、引いたりしながら相手のバランスをくずします。

土俵の中はケンケンで移動をしてもいいです。

上げた足をつく子どものイラスト
土俵から出てしまったり、上げている足が地面に着いた人が負けです。

遊びのアレンジ

両手を胸の前で組んで、手を使わずに体だけでぶつかり合って遊んでみる。

複数人で同時に土俵に入り、一人が勝ち残るまで遊んでみる(バトルロワイヤル)。

関連ページ

体を使った子どもの「すもう遊び」 17種類まとめ
手押し相撲、尻相撲、引き相撲など、いろいろな種類の相撲遊びやゲームを集めました。幼児や小学生の子どもが体を使って遊ぶ運動遊びです。すもう遊びは自分の姿勢を保ちながら、相手の体を押したり、引いたりする力を使います。体のバランスをとったり、相手との駆け引きも必要な遊びです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました