ロープ引き

ロープ引き

ロープを腰に回して右手で持ちます。「はじめ!」の合図で、ロープを引いたり緩めたりしながら相手の体勢を崩します。先に足が動いた方が負けになる遊びです。縄引き、なわひき。

ロープ引きの遊び方

ロープ引きの遊び方

2mぐらいの距離で相手と向き合います。

ロープを腰に回して右手で持ちます。

相手も同じように右手でロープを持ちます。

ロープがたるまないように調節をします。

ゲームスタート

よろける子ども

「はじめ!」の合図で、ロープを引いたり緩めたりしながら相手の体勢を崩します。

先に足が動いたり、ロープを離したら負けです。

関連ページ

子どもの縄遊び・ロープ遊び 一覧
短縄、長縄、大繩、ロープを使った子どもの遊びのまとめました。無料でダウンロード出来る縄跳びを使った遊びのイラスト付き一覧表もあります。
縄跳びの縄やロープを使った「縄遊び 」11種類まとめ
ロープまわし、縄跳びのヘビのにょろにょろ、ロープ歩きなど、縄跳び用の短縄や長縄を使った運動遊びを集めました。公園や校庭で大人と子どもが一緒に遊ぶことが出来ます。縄跳びは、縄を跳ぶタイミングを合わせあり、瞬発力を使ってジャンプするといった運動を多くします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました