リモコン深呼吸

リモコン深呼吸

リーダーの指示に従い、一時停止で息を止めたり、コマ送りでちょっとずつ息を吐いたり、最後はスローモーションで深呼吸をします。

リモコン深呼吸の遊び方

リーダーと子どものイラスト
リーダーを1人決めます。

他の人は子になります。

リーダーは、早送り、早戻し、一時停止、再生、コマ送り、スローモーションの6つの指示を子に出します。

子はその指示に従って呼吸をします。

早く息を吸う子どものイラスト
「早送り」は「スッハッスッハッ」と、早く息を吸ったり吐いたりします。

「早戻し」は早送りの反対で「ハッスッハッスッ」と、まず息を吐いてから吸うの順番で、呼吸を繰り返します。

息を止める子どものイラスト
「一時停止」は息を止めます。

「再生」で止めた呼吸を戻します。

息をゆっくりと吐く子どものイラスト

「コマ送り」は「フッフッフッ スッスッスッ」と途切れながら、息を吸ったり吐いたりします。

深呼吸をする子どものイラスト
最後は「スローモーション」で、ゆっくりと深呼吸をして終わりにします。

コツとポイント

リーダーは「早送り、ピッ!」などとテレビのリモコンのボタンを押すようなジェスチャーをします。

リーダーはそれぞれのアクションをランダムに行ってもいいです。

最後にスローモーションをすることで、心を落ち着かせてゲームを終わりにします。

遊びの変化

踊る、笑う、その場でジャンプするなど、呼吸以外のアクションを取り入れてみる。

関連ページ

大人数レクリエーションゲームの一覧
フルーツバスケット、椅子取りゲーム、いつどこで誰が何をしたゲームなど、大人数で遊べる子ども向けのレクリエーションゲームを60種類まとめました。学校の体育館などで遊べる体を使ったゲーム、教室で遊べる頭を使った遊ったゲーム。小学生の低学年から中学生ぐらいの子どもが楽しめる遊びです。イラストと写真を使って遊び方やルールを紹介しています。室内遊び、アイスブレイク、クラスレク、学級レク、集団遊びなどとも呼ばれています。
子どもの室内レクリエーションゲーム・室内遊び 一覧
お楽しみ会や学級会、地域のイベントや子ども会の時に、みんなで楽しく遊べるパーティーゲーム。室内で遊べるレクリエーションゲームをまとめました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました