ポコペン

ポコペン

鬼の背中をつついてポコペンの歌をうたった後に「缶蹴り」に似た遊びに発展します。ぽこぺん、ポン蹴り(ぽんけり)。

ポコペンの遊び方

ポコペンの遊び方

「鬼」を一人決めます。

他の人は「子」になります。

鬼は壁や木など目印になる物に手を当てて、目をつぶります。

他のみんなで「ポコペンポコペンだあれがくっついた」と言って背中を突っつきます。

鬼の背中をつっつく

鬼は誰が突っついたかを名前を言って当てます。

当たった場合は、鬼を交代します。

数を数える鬼

外れた場合は、鬼は目をつぶって「50」数えます。

数はいくつでもいいです。

始めに決めておきます。

ここからは「缶ケリ」に似た遊びです。

鬼に見つからないようにしながら、鬼が守っている缶を蹴る遊びです。かんけり、カンケリ。 缶蹴り...

子を探す鬼

鬼は、隠れている子を探します。

子を見付ける鬼

鬼は隠れている子を見つけたら、走って目印まで戻ります。

子の名前を呼ぶ鬼

「○○くんポコペン!」と言って目印にタッチします。

見つけられた子は、目印の近くで助けを待ちます。

目印にタッチする子ども

鬼が目印を離れている間に、子は「ポコペン!」と言って目印をタッチします。

タッチされた場合、鬼は目印へ戻って目をつぶり「50」数えます。

この時、捕まっている子も全員逃げることが出来ます。

鬼が隠れている子を、全員見つけることが出来た場合は、鬼の勝ちです。

一番最初に見つかった子と鬼を交代して繰り返し遊びます。

コメント

  1. 匿名 より:

    分かりやすいです

  2. かなか より:

    学校の行事に役立ちました。ありがとうございました。

  3. 美夏 より:

    学校の縦割りスペシャルと言うやつでその遊びをしましたっ!

トップへ戻る