缶蹴り

缶蹴り

鬼に見つからないようにしながら、鬼が守っている缶を蹴る遊びです。かんけり、カンケリ。

缶蹴りの遊び方

缶を置く

空き缶を用意します。

「鬼」を1人決めます。

他の人は「子」になります。

缶を置く場所を決めます。

缶を蹴る子ども

子の一人が缶を蹴ったら遊びがスタートします。

缶を立てる鬼

鬼は、蹴られた缶を拾ってきて、決めた場所へ缶を立てます。

その間に子は隠れます。

子を探す鬼

鬼は缶を立てたら、隠れている子を探します。

子を見付ける

鬼は子を見つけたら、すばやく缶まで戻ります。

缶を踏む鬼

「○○くん、みっけ!」と、子の名前を言いながら缶を踏みます。

捕まる子ども

名前を呼ばれた子は、決められた場所でじっと待ちます。

缶に近づく子ども

子は鬼に見つからないようにしながら、缶に近づきます。

子を探す鬼

鬼は缶からあまり離れないようにしながら子を探します。

缶を蹴る子ども

鬼が缶から離れている隙に、隠れていた子が缶を蹴ると、捕まっていた子は逃げることが出来ます。

鬼は缶を立てて、再スタートします。

鬼が缶を蹴られることなく、全員を見つけることが出来たら鬼の勝ちです。

コメント

  1. 意味ちゃん より:

    助かりました。

  2. 意味ちゃん より:

    分かりやすくて助かった。

  3. にしやんにしやん より:

    俺たちの頃は誰々君みっけ、で3回缶をふまなけりゃいけなかった。これが曲者で鬼が缶を踏む時自分で倒してしまうと名前呼んだ子だけまた逃げられる。以外にシビアなル―ルだったんですよ。缶蹴りの醍醐味は最後の子が缶を蹴った瞬間!気持ちいいんだよ。あれが!!

  4. ララ より:

    おー

  5. ポップス より:

    すごくわかりやすかった

トップへ戻る