あっち向いてホイゲーム

あっち向いてホイゲーム
通常のあっちむいてホイのように、じゃんけんはしません。リーダーが「あっち向いてホイ」と言って指さす方向に、顔を向けてはいけないゲームです。

あっち向いてホイゲームの遊び方

子ども達を指さす大人のイラスト
リーダーを1人決めます。

それ以外の人は子になります。

子はリーダーの指先に注目します。

リーダーは子を指さして「あっち向いて・・・」と言います。

首を横に向ける子どものイラスト
リーダーは「ホイッ!」と言うのと同時に、上下左右のどこかを指さします。

子は上下左右のどこかに顔を向けます。

両手で子ども達を指さす大人のイラスト
これを繰り返して遊びます。

リーダーは体全体を使って、指をさしてもいいです。

リーダーが指さす方向を見る子どものイラスト
リーダーが指した方向と、同じ方向に顔を向けてしまった子は負けです。

座る子どものイラスト

負けた子はその場に座ります。

勝ち残った子でゲームを続けて、最後まで残った子が優勝です。

コツとポイント

最初はスローモーションで、指先が動いてから、指先とは違う方向に顔を向けるという練習をします。ルールになれてきたら、動きを早くして遊ぶといいです。

負けたら座るのでなく、負けた回数をそれぞれが数えて、負けた回数が少なかった子が優勝というルールにしてもいいです。

遊びの変化

子の運動量を上げる遊び方として、
上ならジャンプ、
下ならしゃがむ、
右なら体を右に向ける、
左なら体を左に向ける、という遊び方もあります。

関連ページ

大人数の子どもで遊ぶレクリエーションゲーム
フルーツバスケット、椅子取りゲーム、いつどこで誰が何をしたゲームなど、大人数で遊べる子ども向けのレクリエーションゲームを60種類まとめました。学校の体育館などで遊べる体を使ったゲーム、教室で遊べる頭を使った遊ったゲーム。小学生の低学年から中学生ぐらいの子どもが楽しめる遊びです。イラストと写真を使って遊び方やルールを紹介しています。室内遊び、アイスブレイク、クラスレク、学級レク、集団遊びなどとも呼ばれています。
室内レクリエーションゲームまとめ
お楽しみ会や学級会、地域のイベントや子ども会の時に、みんなで楽しく遊べるパーティーゲーム。室内で遊べるレクリエーションゲームをまとめました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました