顔のように見える物を探すあそび

顔に見えるものを探して見つける遊びです。顔探し。

顔のように見える物を見つける遊び

ネジや画鋲、トイレのタイル、コンセントの穴、カーテンの模様など、配置によって「人の顔」に見える事があります。

「あっこれ、顔のように見える!」という物を、子どもと一緒に探す遊びです。

ルールと遊び方

 顔のように見える物

「みーつけた!」とかくれんぼ風に遊んでも良いです。

大人と子どもでは視点の高さが違います。

大人では見つけられないような所に隠れている顔を、子どもが見つけるかも知れません。


顔のように見える物

「この子は笑っているね」とか、「眠たそうだね」と、表情がある事について話しても良いです。

見つけた子に「〇〇ちゃん」「〇〇くん」と名前を付けて遊んでも良いです。


顔のように見える物

横に見たり、逆さまに見たりと、角度によって顔に見える事があります。

同じ物を見ても「顔に見える」と言う人もいれば「えー見えない」と言う人もいます。


顔のように見える物

遊びの変化

スマホや、デジタルカメラで写真に撮り、顔を集めて遊んでも良いです。

動物に見えるものを探しても良いです。

お外でお散歩をしながら探しても良いです。

身近な物にシールを貼ったり、マジックで点を描いたりして、顔を作って遊んでも良いです(擬人化)。

雨の日に家の中でする事が無い時や、屋外で子どもが飽きた時にも遊べます。

この遊びをすると顔に見える物への愛着が湧くことがあります。

一度この遊びを楽しむと、この遊びをしていない時にも顔を見つける事があります。

遊びの視点が広がります。

トイレで見つけた顔があったら「トイレにいる〇〇くんに会いに行こう!」と行ってトイレに誘う事も出来ます。

点が3つあると顔のように見える事があります。

「シミュラクラ現象」や「パレイドリア効果」と言います。

この現象を利用した遊びです。

スポンサーリンク

シェアする

トップへ戻る