反対信号

反対信号
鬼が言ったことと反対の動きをする遊びです。鬼が「立て」と言ったら座ります。「座れ」と言ったら立ちます。はんたいしんごう、嘘つき司令官。

反対信号のルールと遊び方

鬼を決める

「鬼」を一人決めます。

それ以外の人は「子」になります。

鬼の周りを歩く

子は輪になって鬼の周りを歩きます。

支持を出す鬼

鬼は「進め」「止まれ」「右向け」「しゃがめ」など、いろいろな指示を子に出します。

反対の動きをする子ども

子は鬼が言ったことの反対の動きをします。

アウトになる子ども

間違った動きをしてしまった子はアウトです。

外野に座る子ども

輪から離れて外野に座ります。

ある程度遊んだら鬼を交代します。

繰り返して遊びます。

コメント

  1. ポピー より:

    ありがとう

  2. みき より:

    助かりました

  3. ピー より:

    ほかはありますか

  4. ピー より:

    助かりました

  5. しゃちょー より:

    面白い☺

  6. より:

    ほかは?

  7. こうじ より:

    おもしろい

  8. めんも より:

    ちょうど行事前だったので、助かりました。

タイトルとURLをコピーしました