ドッジボール

ドッジボール
相手チームの子の体にボールを当てたり、飛んできたボールをよけてかわしたりするゲームです。ドッヂボール、ドッチボール、スーパードッジボール、闘球。

ドッジボールの遊び方

ドッジボール

大きいボールを用意します。

地面に長方形のコート。10m×20mぐらいを描き、真ん中に線を引いて2面に分けます。

グーパーなどで2チームに分かれます。

自分達のチームのコート(内野)に入ります。

何人かは「外野」として相手のコートの外側に立ちます。

ジャンケンをして勝ったチームがボールを持ってゲームをスタートします。

ゲームスタート

ボールを投げる

自分のチームのコートの中から、相手チームの子を狙ってボールを投げます。

線を越えてボールを投げてはいけません。

相手チームの子はボールをよけたり、取ったりします。

内野から外野へ、外野から内野へパスをして、相手チームの子を狙っても良いです。

内野同士のパスは出来ません。

ボールが当たる

ボールが手、足、体に当たり、そのボールが地面に付いた場合はアウトとなります。

ボールを当てられた子は外野に出ます。

始めから外野にいた子が、内野の子を当てた場合、一度だけ内野へ戻ることができます。

当てられて外野に出た子は、内野へ戻ることは出来ません。(※内野に戻れる「復活あり」というルールもあります。)

ボールを取る

飛んできたボールを取った場合はセーフです。

そのまま攻撃に転じます。

セーフになる子ども

仲間の体に当てられたボールをノーバウンド(ノーバン)で仲間が取った場合はセーフです。

相手チームの子がとった場合もセーフです。

ワンバンしたボール

投げられたボールがワンバウンド(ワンバン)して体に当たった場合はセーフです。

顔面セーフ

投げられたボールが顔や頭に当たった場合はセーフてます(顔面セーフ)。

危険なので故意に顔面を狙ってはいけません。

先に相手のチームの内野を全員アウトにした方のチームが勝ちです。

サブルール

「復活あり」…外野が内野の子にボールを当てた場合、内野に戻ることができるルールです。

「パスなし」…パスを自由にしておくと、上手い子にボールが集中してしまいます。みんなで楽しめるように内外野のパスもなしにするルールです。

関連ページ

「ドッジボール」の基本ルールと 7種類の遊びまとめ
ドッジボールの基本的なルールと、サブルールを加えたアメリカンドッジやハンドドッジ。ちょっと変わったルールの王様ドッジなど、いろいろなドッジボールのルールと遊び方をまとめました。

コメント

  1. 名無し君 より:

    僕はボールにあたって鼻血をだしたことがあります

  2. R より:

    あ、ドッジボールはおもろいよ!よく当たるけど(;_;)

  3. asuko より:

    ドッチボール大好きです。

  4. hatena より:

    おもしろそう

  5. 匿名 より:

    およその人数が知りたいです。

  6. より:

    鹿児島県です。

    小学生のころは約10年前です。

    ドッヂボールは痛いので苦手でした(´・_・`)

  7. ひとりかくれんぼ より:

    知ってる?一人かくれんぼミスしたら殺されるんだよ

  8. るびぃ より:

    おもろいぃぃ!!

タイトルとURLをコピーしました