ダンボールキャタピラー

繋いだダンボールの輪の中に入って、前に進む遊びです。

ダンボールキャタピラーの作り方

ダンボールキャタピラーの作り方

箱のダンボールの一片をカッターで切って開きます。

開いたダンボールの端の部分を切り落とします。

端を切り落としたダンボールをもう一つ用意します。

端と端をガムテープで繋げます。

長くなったダンボールの反対側同士を繋げて輪にします。

ダンボールキャタピラーの完成です。

ダンボールキャタピラーの遊び方

ダンボールキャタピラーの遊び方

ダンボールキャタピラーの中に入ります。

赤ちゃんがハイハイするような姿勢で前に進みます。

キャタピラーが回転して前進します。

コツとポイント

輪の大きさは、中に入る人の大きさに合わせて、切ったり、付け足して調節をします。

幼稚園や保育園での、運動会の競技の一つとして取り入れても良いです。

大きめのダンボールキャタピラーを作り、親子競技として2人で中に入ることも出来ます。

学校のレクリエーションとしてチーム対抗のリレーで遊んでも良いです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

このサイトの運営者
しんごパパ ミックスじゅーちゅ代表の しんごパパ(松尾信悟)です。子どもたちが豊かに遊べるように、環境をつくる活動をしています。
スポンサーリンク
トップへ戻る