だるまさんがころんだ

目を隠した鬼が振り向いたら動きを止める遊びです。達磨さんが転んだ、坊さんが屁をこいた、インデアンのふんどし。

だるまさんがころんだのルールと遊び方


1、まず鬼を決め、木や壁など鬼のいる場所を決めます。

子は「始めの一歩」と言って一歩前に出ます。


2、鬼は後ろを向いて「だるまさんが転んだ」と言って振り返ります。


3、子は鬼が後ろを向いている間だけ動いて、鬼に近づきます。


4、鬼は「だるまさんが転んだ」を早く言ったり、遅く言ったりして振り返り、動いている人を探します。


5、振り返った時に動いている人を見つけたら、鬼はその人の名前を呼び、呼ばれた人は鬼と手を繋ぎます。


6、繰り返し続け、全員捕まえる事ができたら鬼の勝ちです。

一番最初に捕まった人と鬼を交代します。

一人も捕まらずに誰かが鬼にタッチしたら鬼の負けです。


7、捕まっている子がいるとき、仲間を助ける事が出来ます。

鬼が後ろを向いている間に、鬼と捕まっている子の手を「切った」と言いながら、チョップで切ります。


8、鬼は、手を切られたらすぐに後ろを向いて「だるまさんが転んだ」と数えます。

子はその間に出来るだけ遠くへ逃げます。


9、鬼は数え終わったら「ストップ」と言います。子はその場に止まります。


10、鬼が「何歩?」と聞き、鬼の手を切った子が「大また5歩」や「小また10歩」など答えます。


11、鬼は言われた歩数以内で子に近づきタッチします。複数の子にタッチできた場合、タッチされた子達でジャンケンして次の鬼を決めます。

スポンサーリンク

コツとポイント

関西方面では「坊さんが屁をこいた」と言います。

スペイン映画の「永遠のこどもたち」の中でも子供たちがこの遊びをしていました。

外国にも同じような遊びがあるんですね。

コメント

  1. たぴ より:

    むかし、「インド人のくーろんぼ」(今考えると、「あかんやろー」という文言ですが)で遊んだ覚えがあります。私の地方だけ?

  2. マリオカートで俺の作ったカートをぶち壊した人 より:

    別の遊びとして、田沼さんが転んだがあります。
    1、田沼さんが転んだと言った時思いっきり転ぶ

  3. ふふふ より:

    ルール忘れていたので助かります。

  4. だるまさん より:

    分かりやすくておもしろかった

  5. ぱねぇ、 より:

    ほくほくほくろ

  6. 鵜澤智 より:

    ああああああ

トップへ戻る
遊びの一覧 カテゴリー まとめ 検索