チームじゃんけん

チームじゃんけん

それぞれが指の役割をして、じゃんけんの手を体を使って表現します。グループジャンケン。

チームじゃんけんの準備

5人で手を繋ぐ子どものイラスト

子は5人組になります。

右からそれぞれ、親指、人差し指、中指、薬指、小指の役割をします。

5人が立ったりしゃがんだりすることで、グーチョキバーをつくります。

チームジャンケンの手の形

手を繋いでしゃがむ子どものイラスト

全員がしゃがんだら「グー」です。

5人のうち2人座る子どものイラスト

右から2番目と3番目の人が立ち、それ以外の人がしゃがんだら「チョキ」です。

手を繋いで立つ子どものイラスト

全員が立ったら「パー」です。

チームじゃんけんの遊び方

内側を向いて話をする子どものイラスト

子は5人で集まります。

じゃんけんに出す手を小声で話し合います。

リーダーと向かい合う子ども達のイラスト

子はじゃんけんに出す手が決まったら、横1列に並んで手を繋ぎます。

みんなで「チームじゃんけん~♪じゃんけんポン!」と掛け声をかけます。

チョキを出す子どものイラスト

子は「じゃんけんポン!」の掛け声と同時に、グーチョキバーのどれかを体を使って表します。

リーダーはグーチョキバーのどれかを手で表します。

リーダーにじゃんけんに勝つ子ども達のイラスト

じゃんけんの勝敗が決まります。

あいこだった場合は、もう1度チームで話し合って、じゃんけんに出す手を決めます。

コツとポイント

遊ぶ人数が多い場合は、リーダー1人対複数のチームで対戦してもいいです。

5人ずつの2チームをつくって、チーム対抗戦で遊んでもいいです。

チーム内にチームリーダーを1人決めて、その子がじゃんけんに出す手を決めてもいいです。その場合、じゃんけんに出す手は、後ろに回した手を、隣の人が触って伝えていきます。

遊びの変化

後出しじゃんけんで遊んでみる。

リーダーがじゃんけんで出した手を見てから、じゃんけんに勝つ手を子のチームが出します。

後出しじゃんけんの遊び方

リーダーが「勝ってください」と言った時にはリーダーに勝つ手を出す。「負けてください」と言った時には、負ける...

トップへ戻る