にくだん


相手チームの子を自分達の陣地に引っ張り込むゲームです。肉弾、肉丼、ひまわり、ミートボール。

にくだんの遊び方

チームに分かれる

地面にヘビがはったような円を二重に描き、「通路」とします。

通路は広い所や狭い所があった方が楽しいです。

2チームに分かれます。

チームの代表がジャンケンをして、勝った方が「内側」か「外側」の陣地を決めます。

ゲームスタート

走る子ども

「始め」の合図でゲームをスタートします。

外側の子は通路を回り、円を3周します。

通路は右回りでも、左回りでもいいです。

内側の子は、回っている外側の子を手で押したり、引っぱったりして、通路から外に出します。

同じように外側の子も、内側の子を手で押したり、引っぱったりして、相手陣地から出すことが出来ます。

押される子ども

押されて線を踏んだり、通路の外に出たらアウトです。

アウトになった子は、外に出て仲間を応援します。

内側の子が線を踏んでしまったり、自分の陣地の外に出た場合もアウトになります。

外側チームの勝ち

外側チームの子が、一人でも3周まわることが出来たら、外側のチームの勝ちです。

外側の子を、全員アウトに出来たら内側チームの勝ちです。

外側と内側を交代して遊びます。

コツとポイント

似たような遊びに「ひまわり」があります。

相手陣地の中にある宝を奪う遊びです。向日葵、ヒマワリ、肉丼(にくどん)、にくだん(肉弾)。 ひまわり...

シェアする

コメント

  1. 田中 より:

    同じ名前でしたがかなり違う遊びでした。

  2. お疲れ様 より:

    いいですね。

  3. 匿名 より:

    小学生の時に毎日してました。怪我をするのは当たり前でしたが、楽しかったですね。外側に「島」を作ったり、細い通路を作って危険地帯にしたり、それなりに工夫してました。福岡県糸島市(前原)

トップへ戻る