連想ゲーム


連想ゲーム

ヒントから連想されるお題を当てるゲームです。早く答えた人が勝ちます。連想(れんそう)クイズ、ヒントクイズ。

連想ゲームの遊び方

連想ゲームの遊び方

出題者を1人決めます。

他の人は解答者になります。

連想ゲームのお題を考える子どものイラスト

出題者はメモ帳に「お題」を書きます。

お題は誰でも知っている身近なもの、食べ物、動物、人の名前などを書きます。

ゲームスタート

連想ゲーム第一ヒントのイラスト

出題者はお題から連想されるもの(思い浮かぶもの)を考えて、第1ヒントを出します。

解答者は1つのヒントにつき、1つだけ答えを言えます。

連想ゲーム第2ヒントのイラスト

正解が出なければ、第2ヒントを出します。

解答者はそれぞれ答えを言います。

連想ゲーム第3ヒントのイラスト

これを繰り返して、答えが出るまでヒントを出し続けます。

先にお題を言い当てた人が勝ちです。

役割を交代して遊びます。

コツとポイント

お題が浮かばない場合は新聞紙やチラシを開いて、目に付いたものをお題として出すといいです。

例題

答えが「トマト」だった場合

第1ヒント リコピン

第2ヒント ジュース

第3ヒント 上から読んでも下から読んでも

第4ヒント ケチャップ

第5ヒント 赤色



わかった!トマト!

チーム対抗戦の連想ゲーム

チーム対抗で遊ぶことも出来ます。

司会者を1人、チームリーダーを各チーム1人、他のメンバーは解答者になります。

司会者がお題を考えます。

各チームのリーダーにお題を見せます。

Aチームのリーダーが、全員に聞こえるように、ヒントを言います。

Aのチームのメンバーが答えます。

不正解だったら、Bチームのリーダーが全員に聞こえるように、ヒントを言います。

Bチームのメンバーが答えます。

交互にヒントと答えを繰り返し、先に解答したチームに得点が入ります。

少ないヒントで正解するほど、高得点にしてもいいです。

遊びの変化

3つのヒントから答えを当てる「スリーヒント」クイズにしてもいいです。早く答えを当てるのではなく、3つのヒントを聞いてから同時に回答者が答えます。

トップへ戻る