いつどこでだれがなにをしたゲーム

「いつ」「どこで」「誰が」「何をした」を紙に書き、ランダムに選んで短文を作るゲームです。

いつどこでだれがなにをしたゲームルール

いつどこで誰が何をしたの遊び方

紙と鉛筆を渡す
1人につき、紙を4枚と鉛筆を1本渡します。

考える子どものイラスト
「いつ」「どこで」「誰が」「何をした」のお題を考えて紙に書きます。

お題の例

「いつ」今日の夜、100年後の未来、原始時代。

「どこで」お墓で、お風呂場で、学校の廊下で。

「誰が」先生が、お母さんが、〇〇くんが。

「何をした」お弁当を食べた、逆立ちして腕立て伏せをした、犬のマネをして吠えた。

紙を袋に入れる
お題を書いたらそれぞれの袋に入れます。

短文を読むイラスト
リーダーは、いつ→どこで→誰が→何をしたの順番で、袋から一枚ずつ紙を取り出して読み上げます。

ゲーム終了
紙がなくなるまで繰り返します。

勝ち負けのない、みんなで協力して遊ぶゲームです。

コツとポイント

自分が言われたら嫌なことは書かない。

みんなが嫌な気持ちになるようなことは書かない。

人数が多い時は「いつ」「どこで」「誰が」「何をした」の4つのグループに分かれて、1人1つだけお題を考える。

用意するもの

メモ帳ぐらいの大きさの紙、人数分の鉛筆、お題を入れる袋。

トップへ戻る