コマの回し方

初心者でも出来る独楽の紐の巻き方と回し方。

遊びの呼び名…缶ゴマ、木独楽。

独楽のヒモの巻き方

独楽画像
缶ゴマとヒモです。昔の子ども達は「木の独楽」で、コマ回しを遊んでいました。今でもお正月の遊びとして独楽や羽根つきをします。

右利きの人用に解説しています。

コマの回し方 画像
左手の親指で、ヒモの先を押さえて、右手に持ったヒモのを反時計回りでぐるりと棒に回します。

コマの回し方 写真
コブが引っかかって、しっかりと止まります。

独楽の紐の巻き方
コマを裏返して軸の棒先端に向かって、時計回りにぐるぐると3回巻いていきます。

この時、力を入れてギュッと巻いていきます。

コマのヒモの巻方 写真
ヒモが3階建てになったら下に降りていきます。


コマの溝に沿って時計回りに3回巻きます。

ここまでは力を入れて巻きます。


ここらは、力を抜いてぐるぐる巻いていきます。

余ったヒモを右手の小指に絡ませます。


人差し指を独楽の側面、親指は独楽の上面、他の指は独楽の下面に添えます。

ヒモが緩んでいると、コマは回りません。

独楽の回し方


コマを回してみます。


腰を回すようにして後ろに引きます。


前に出します。手よりも腰を回すことを意識します。

野球の素振りのように、腰を回す練習を何度もしましょう。


勢いを付けて腰を回してコマを放す。

自然に糸がほどけるようにして、コマの回転が上がっていきます。

小指と薬指にヒモが絡まっているので、コマとヒモが離れて、地面に落ちるとクルクルと回ります。


コマを放したあと、地面に落ちる寸前に、勢いよくヒモを引っ張ると、回転力が上がりますが、初心者がこれをやると、コマが後ろに飛んでいってしまいます。

最初のうちはただ放すだけ。徐々に引くことを覚えましょう。

何度もやっていると、遊んでいるうちに体が勝手に覚えていきます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

このサイトの運営者
しんごパパ ミックスじゅーちゅ代表の しんごパパ(松尾信悟)です。「すべての子どもたちが豊かに遊べる環境をつくる」活動をしています。フォローをして仲間になって下さい。
スポンサーリンク

コメント

  1. ゆい より:

    スゲー

  2. にしやんにしやん より:

    投げ独楽を紹介したので、投げ方、ヒモの巻き方も紹介します。投げ独楽は紹介のコブには、引っかけません。芯に対してヒモの先を1㎝ほど余らして芯に強く巻き2、3週まで強く巻き残りは強く巻く必要はありません。ヒモを全部独楽に対して巻くと下手投げは良いのですが上手投げは危険です。抜けが悪くなりコントロ―ルがつかなくなります。上手投げする時は、本当に回りに注意して下さい。

  3. にしやんにしやん より:

    最後に…投げ独楽は回りに多分に注意をはらわないといけません。昔は公園で投げ独楽やっても大人は暖かい目で見てくれましたが…今の時代はすぐ大事になるので本当に回りに何もない所でして下さい。ギャラリ―がいたら、注意できる位上手くなった頃が一番危ないのです。子供さん!注意!

  4. にしやんにしやん より:

    パカン!と真っ二つに割った時の快感独楽で大事なのはヒモと芯です。芯をアスファルトで削って尖らせた芯が良い。後これが一番肝心でヒモなのですヒモの良さが独楽の扱いには肝心です新しいヒモは慣らしてから使わないと返って危険です。俺たち投げ独楽派はヒモと芯にこだわりましたね。(^o^)v

  5. にしやんにしやん より:

    俺の子供時代の独楽遊びを紹介します。投げ独楽、喧嘩独楽とか呼ばれていました。独楽の扱いは紹介と同じですが…基本的に俺たちは相手の独楽を壊すのが遊びの目的だったんです。ですので回し方も下手投げではなく、野球のピッチャ―と同じオ―バ―スロ―で投げて相手の独楽に当てるのです。

  6. 匿名 より:

    おもろい

  7. もえか♪ より:

    難しい

  8. コマ より:

    すごく良くなった