輪投げ

輪っかを棒の的に向かって投げる遊びです。わなげ、投輪。


1、棒などの目標に、輪っかを投げて遊ぶおもちゃです。

手で持つ、振りかぶる、離すという単純な遊びですので、小さな幼児でも遊ぶことが出来ます。

輪投げの遊び方


2、輪っかを手で持ちます。


3、手首のスナップを効かせて、輪がクルクルと、水平に回るように投げます。

4、目標に向かって何度か投げることにより、強く投げたり、弱く投げたりと「微妙な力加減」を自然に覚えます。

こういう体の使い方、動かし方は、電子ゲームでボタンを押すだけでは、覚えることの出来ない動きですね。

近くで投げると簡単に入ります。

遠くから投げると簡単には入りません。

ちょっと難しいぐらいの距離から、投げて遊ぶのが一番面白いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

このサイトの運営者
しんごパパ ミックスじゅーちゅ代表の しんごパパ(松尾信悟)です。「すべての子どもたちが豊かに遊べる環境をつくる」活動をしています。フォローをして仲間になって下さい。
スポンサーリンク

コメント

  1. ??? より:

    おもしろいっしゅね。うわー楽しそう。コメントまたまた送っちゃいまーす。

トップへ戻る