あんたがたどこさ

あんたがたどこさ

あんたがたどこさの歌に合わせて、手まりをつく遊びです。手毬歌、わらべ唄。

あんたがたどこさの遊び方

あんたがたどこさの遊び方

手まり、ゴムまり、ボールなどを用意します。

手まりのサイズは、ソフトボールより大きくて、ハンドボールより小さいサイズの物が多いです。

あんたがたどこさの遊ぶ子どものイラスト

手まりを地面につきながら「あんたがたどこさ」の歌を歌います。

※あんたがたどこさの歌詞はこのページの下の方にあります。

足の下を手毬が通るイラスト

歌詞に「さ」がつくところでは、手まりを足の下にくぐらせます。

足の下をくぐらせるのは、外側からでも、内側からでもいいです。

ボールを背中側に隠す子どものイラスト

歌詞の終わりの「ちょいとかくす」で、手まりを股の下からくぐらせて、背中側で取って終わりにします。

遊びの途中で失敗した場合は、他の人と交代します。

あんたがたどこさの歌詞

あんたがたどこさ
ひごさ
ひごどこさ
くまもとさ
くまもとどこさ
てんばさ
てんばやまには タヌキがおってさ
それをりょうしが 鉄砲でうってさ
にてさ
やいてさ
くってさ
それをこのはで ちょいとかくす

スポンサーリンク

コツとポイント

手毬をスカートの中に隠す

「ちょいとかくす」のところを、「ちょいとかぶす」と歌って、スカートの中に手まりを隠す遊び方もあります。

遊びの変化

手まりを足の下からくぐらせることが出来たら、「さ」のところの動作を変えて遊んでみます。

かかとでまりをつく。

一回転して手まりをキャッチする。

背中側の足元でバウンドさせて、手まりをキャッチする。

2人で向かい合い、バウンドさせて相手にパスをする。

大人数で輪になり、バウンドさせて隣の人にパスをしていく。

歩きながら、あんたがたどこさを遊んでみる。

あんたがたどこさの別バージョン遊び方

同じ「あんたがたどこさ」の歌を歌いながらも違った遊びになります。

あんたがたどこさの歌に合わせてジャンプをして前に進みます。「さ」のところでは、後ろにジャンプをして一歩戻ります。わらべ唄...
輪になって、あんたがたどこさの歌に合わせて回ります。歌詞の「さ」のところではジャンプをします。わらべ唄、童...

トップへ戻る