ケイドロ・ドロケイ

ケイドロ・ドロケイ
2チームに分かれて警官チームが泥棒チームを捕まえる鬼ごっこです。地域によっていろいろな遊びの呼び名があります。けいどろ、泥警(どろけい)、泥棒と巡査(どろじゅん)、探偵(たんてい)、じゅんどろ、ケードロ。

ケイドロの遊び方

ケイドロの遊び方

牢屋の場所を決めます。

地面に線を引いて囲ってもいいです。

ケイドロのルールと遊び方

「警官チーム」と、「泥棒チーム」に分かれます。

ゲームスタート

10を数える警官のイラスト

警官がゆっくり「10」数える間に、泥棒は逃げたり隠れたりします。

泥棒を捕まえにいく警官のイラスト

警官は「10」を数えたら泥棒を捕まえに行きます。

この時、牢屋を守る「看守役」を立てると良いです。

泥棒を捕まえた警官のイラスト

警官役の鬼が泥棒にタッチしたら泥棒は捕まります。

牢屋に入る泥棒のイラスト

捕まった泥棒は、牢屋に入れられます。

牢屋に近づく泥棒

警官チームが泥棒を全員捕まえる事が出来たら、警官チームの勝ちです。

警官役と泥棒役を交代して遊びます。

牢屋から逃げる泥棒

牢屋に入っている泥棒に、まだ捕まっていない仲間の泥棒がタッチをすると、捕まった泥棒は牢屋から逃げることが出来ます。

サブルール

宝物を用意しておいて、泥棒が宝を盗むことが出来たら、泥棒チームの勝ちというルールにしておいても良いです。

コメント

  1. コーちゃん より:

    ペア活動に使いました。ありがとうございます。

  2. 楽しい より:

    面白いよ、学校でやったよ

  3. 匿名 より:

    以外におもしろい。

  4. くま より:

    助け鬼に似てますね…。

  5. 美羽 より:

    3年男子の中では、戦い系のケイドロがはやってますヨ。

  6. 仏弟子 より:

    下駄隠しの歌詞を検索中、立ち寄りました。
    京都では、泥棒とジュンさんと呼んでました。
    巡査さんの省略形でしょうか?
    京都らしく童歌で組分けしました。
    一匹、二匹、合の子、盗って逃げるは泥棒の子、で泥棒役。
    後から追いかけるのは、ジュンさんの子、で警官役でした。
    警官役の歌詞には数種の変化もあるようです。
    遊びのルールは同一と思われます。
    ちなみに1960年前後の京都市内です。

  7. 紅葉 より:

    逃走中などもやっていました

  8. 駿 より:

    神奈川では、ドロケイと言います〜

タイトルとURLをコピーしました