いっせーのーせ2

いっせーのーせ2

掛け声に合わせて数字を言うのと同時に親指を上げます。言った数と上がった親指の数が同じだったら手を引ける遊びです。親指ゲーム、ンー2、ウー2、いっせーの2、いっせーのーせーで2、指スマ(ゆびすま)、いっせっせ。

いっせーのーせ2の遊び方

手を出して向かい合う

向かい合います。

両手をくっつけて、親指を伸ばして前に出します。

ジャンケンをして、勝った子から時計回りで遊びます。

いっせーのーせ2と言う

ジャンケンに勝った子は「いっせーのーせ、2!」などの数字を言います。

数字を言うのと同時に、それぞれの子は、「親指を片方上げる」、「親指を両方上げる」、「親指を両方下げたまま」のいずれかをします。

上がっている親指の数と、言った数が同じだった場合は、片方の手を引きます。

数がハズレた場合は、手はそのままです。

次の子に順番が移ります。

いっせーのーせ3

次の子も同じように「いっせーのーせ、3!」などと、好きな数を言います。

立てた親指の数が当たった子は、片方の手を引きます。

いっせーのーせ0

繰り返して遊びます。

誰も親指を立てない「0」もあります。

いっせーのーせ1

数を当てて、両手とも引いた子はゲームから抜けます。

ゲームに負けて悔しい子どものイラスト

最後まで手が残っていた子は負けです。

遊びの変化

3人以上で遊んでみる。

トップへ戻る