牛乳パックのヨーヨー釣り

牛乳パックのヨーヨー釣り

牛乳パックヨーヨーを使って、お祭りの「ヨーヨー釣り屋さん」をして遊びます。

動画で動いているところをご覧下さい。

用意する物

牛乳パックのヨーヨー、クリップ、ティッシュ、大きな桶かビニールプール。

まずは牛乳パックのヨーヨーをいくつか作ります。

「牛乳パックヨーヨーの作り方」をご覧下さい。

牛乳パックを材料に「お祭りのヨーヨー釣り屋さん」のヨーヨーを作ります。 動画で作るところをご覧下さ...

釣り道具の作り方

釣り糸にはティッシュを「紙縒り(こより」にして使います。

2枚重ねのティッシュを1枚に分けます。

1枚のティッシュを三分の一に割きます。

クリップを釣り針の部分にします。

クリップを指で曲げて開きます。

固くて曲がらない場合は、ラジオペンチを使って下さい。

さらに曲げて開いて「W」の形にします。

クリップの真ん中に、先ほど割いたティッシュ通して半分に折ります。

重ねたティッシュを指先で捻って、こよりにします(紐状にします)。

釣り道具の完成です。

スポンサーリンク

ヨーヨー釣りの遊び方

牛乳パックヨーヨーを、大きな桶やビニールプールに入れます。

牛乳パックヨーヨーは、水に濡れても大丈夫です。

本物のヨーヨー釣りのように水を張ってもいいです。

釣り糸を指先で持ちます。

ヨーヨーの輪ゴムの部分に、クリップの釣り針を引っ掛けます。

そのまま上に持ち上げます。

釣り上げたらヨーヨーを貰うことが出来ます。

コツとポイント

お祭りのヨーヨー釣り屋さん

幼稚園や保育園、子どもの夏祭りのお店屋さんごっことして遊んでもいいです。

お祭りヨーヨーの船

水を張らないので室内でも遊べます。

ヨーヨーつれたところ

子ども祭りで遊んでみたところ、幼児には人気がありました。

小学生の高学年ぐらいの子には、ちょっと物足りないようです。

トップへ戻る