ダンボールフリスビー

ダンボールで作ったフリスビーを投げて、穴に入れるゲームです。段ボールフリスビー、円盤投げゲーム。English page : Cardboard Frisbee

ダンボールフリスビー

カエルの口に円盤が入った時に、気持ちのいいゲームです。

子どもの夏祭りでも好評の遊びでした。

ダンボールを使った遊び

用意するもの

ダンボール、カッター、ハサミ、鉛筆、油性マジック、クラフトテープ、水彩絵の具、筆、紙皿、ボンド。

IMG_6268-R

事前準備と道具の作り方

大きなダンボールを用意します。

鉛筆で下絵を描きます。

無地のダンボールではない場合は、角を一か所カッターで切り、裏返して絵を描きます。

IMG_6269-R

油性マジックで下書きの線をなぞります。

太めのマジックを使うと良いです。

今回は、口を大きく開けたカエルにしました。

IMG_6271-R

カッターを使って、カエルの口の部分を切り抜きます。

IMG_6272-R

カッターで手を切らないように注意しましょう。

IMG_6325-R

水彩絵の具を水で薄めて、色を塗ります。

IMG_6332-R

絵の具が乾いたら、箱状に組み立てて、クラフトテープで止めます。

IMG_6274-R

続いてフリスビーの円盤を作ります。

紙皿のまわりをマジックでなぞり、丸い円を描きます。

IMG_6275-R

円の線に沿ってハサミで切ります。

分厚いダンボールだと、切るのに力が必要です。

手が痛くなります。

IMG_6277-R

このような円盤を20個から30個作ります。

IMG_6279-R

ダンボールの円盤は、一枚だと軽すぎます。

投げたときに上手く飛びません。

IMG_6281-R

円盤にボンドを塗り、2枚のダンボールを貼り合わせます。

IMG_6282-R

貼り合わせたら、良くくっ付くように、重しを乗せておきましょう。

2枚でも軽すぎる場合は、3枚貼り合わせて下さい。

IMG_6787-R

ダンボールフリスビーの完成です。

IMG_6784-R

遊び方とルール

フリスビーを投げる位置を決めて、足元に養生テープを貼ってラインを引きます。

IMG_6785_R

遊びに来た子どもにフリスビーを10枚程渡します。

一枚ずつ投げて遊びます。

穴に入った枚数によって得点をあげます。

IMG_6785-R

コツとポイント

フリスビーが入りやすいように、大きめのダンボールを用意して、口を大きく描くと良いです。

壁際で遊ばないと、外れたフリスビーが、遠くの方に飛んで行ってしまいます。

小さな子どもは手前から、大きい子どもは後ろから投げるように、投げる位置のラインを2か所引いておくと良いです。

円盤に食べ物の絵を描いて、ストーリー仕立てのゲームにすると良いです。おなかの空いたカエルさんのお腹を、いっぱいにしてねとか。

カエルの絵でなくても良いです。鬼の絵とか、得点を描いた穴をいくつか作っても良いです。

落ちたフリスビーを、何度も拾うのは、大人にはしんどい。子どもたちに手伝ってもらいましょう。

飽きたら「新聞紙を丸めて投げ入れるゲーム」に変えても良いです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

このサイトの運営者
しんごパパ ミックスじゅーちゅ代表の しんごパパ(松尾信悟)です。「すべての子どもたちが豊かに遊べる環境をつくる」活動をしています。フォローをして仲間になって下さい。
スポンサーリンク
トップへ戻る