どんぐり拾い

ドングリを探したり集めることって楽しい。

どんぐり拾い

子どもと一緒に歩いていると、いろいろなものを見つけます。

ドングリを見つけて喜ぶ幼児

草、花、木、種、実、虫、季節など、大人には当たり前過ぎて見落としてしまうようなものにも、子どもは気づいてくれます。

tanewoatumeru-c14

子どもにとっては初めて見るもの、不思議なものは触ってみたくなります。

ドングリを拾う子供

宝物のように輝いて見えます。

集めたくなります。

子供の宝物

集める楽しみ

大人は必要のない物は拾ったり集めたりはしません。

子どもは落ちているドングリを集めたり、葉っぱを集めたり、枝や石を拾い集めます。

ドングリ

何かに使う目的があるのではなく、集めていることが楽しくて夢中になって集めます。

ドングリを集める子供

集めることが遊びです。

青いどんぐり

集めた物をよく見ると、いろいろな形、大きさ、色の物があります。

tanewoatumeru-c16

大人も一緒になって観察すると、いろいろな気づきや学びに繋がります。

ドングリ

種や実を集める

秋になると近所を散歩するだけでも、いろいろな種や木の実を見つけることが出来ます。

じゅずだま

じゅずだま。

オシロイバナ

オシロイバナの種。

フウセンカズラ

フウセンカズラの種。

椿

ツバキの種。

集めた種を春になったら庭に蒔いたり、植木鉢で育てるのも良いです。

どんぐりの絵本

図鑑や絵本で興味を広げる

図鑑があると、集めた物の興味や関心が広がります。

集めた物の名前や特徴が分かり学びに繋がります。

草花図鑑

子どもは物の名前を覚えるのが早いです。

ドングリコマ

集めた物で「草花遊び」をしたり、「工作」の材料にしてもいいです。「草花遊び一覧」を参考にして下さい。

子どもと一緒にいると、意識しないと目入らないものが多いことに気づかされます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

このサイトの運営者
しんごパパ ミックスじゅーちゅ代表の しんごパパ(松尾信悟)です。子どもたちが豊かに遊べるように、環境をつくる活動をしています。
スポンサーリンク
トップへ戻る