バナナに絵を描く

バナナの皮に爪楊枝を刺すと色が変わるので絵が描けます。バナナアート。

バナナに絵を描く

用意するもの

バナナと楊枝

バナナ、爪楊枝。

爪楊枝を刺して絵を書く方法

バナナに爪楊枝を刺して絵を書く

バナナの皮に爪楊枝を刺して、ポチポチと穴を開けていきます。

バナナに絵を描く方法

爪楊枝を刺したところが黒っぽく変色します。

好きな絵を描いて遊びます。

バナナに描いた絵

爪楊枝は1ミリぐらいの深さで刺します。

遊んだらバナナを食べます。

バナナに絵を描く

爪楊枝で線を引いて描く方法

バナナに爪楊枝で線を引いて描く

爪楊枝で線を引いて、バナナに傷を付けて絵を描きます。

色を塗りつぶすところは、爪楊枝の背中を使って擦っても良いです。

バナナに描いた絵

爪楊枝は1ミリぐらいの深さで刺します。

バナナの色が濃くなる

時間が経つと線の色は濃くなります。

バナナスタンプ

バナナスタンプを押したところ

爪楊枝を束ねて「バナナスタンプ」を作っても面白いです。

バナナスタンプ

同じ絵柄をスタンプ出来て可愛いです。

バナナスタンプ横

爪楊枝の束に輪ゴムを巻きます。

バナナスタンプの後ろ部分

束ねた爪楊枝の背中の部分を、別の楊枝で押して絵になる部分を出っ張らせます。

バナナスタンプ後ろ

爪楊枝の背中や側面をボンドで固めて固定します。

バナナに押して遊びます。

コツとポイント

バナナを買う時は、シュガースポット(黒い斑点)が少ない物を買うといいです。

トップへ戻る
遊びの一覧 カテゴリー まとめ 検索