ダンボールのくまボックスの作り方

ダンボールのくまボックスの作り方

くまの形をした、おもちゃ入れる為の箱「くまボックス」の作り方を紹介します。

くまボックス斜めのアングル

「南畑おもちゃバンク」の為にくまボックスを作りました。南畑おもちゃバンクにつきましては下記のリンク先をご覧下さい。

遊ばなくなったおもちゃを集め、ゲームや遊びを通して、おもちゃが欲しい子どもに渡る仕組みです。 南畑おもちゃバンクの仕組み①遊ばなくなったおもちゃをまとめます。 ②南畑おもちゃバンクにおもちゃを預けます(寄付してもらいます)。 ...

用意するもの

縦長の段ボール

縦長の大きいダンボール、油性マジック、カッター、養生テープ。

くまボックスの作り方

切った後の段ボール

大きめのダンボールを用意します。

ダンボールの前面は、下から30㎝辺りの所をカッターで横に切ります。

両側面は斜めに切ります。

背面は残します。

マジックでくまの頭を描く

背面に油性マジックで、くまの頭の形を描きます。

カッターでクマの頭の形に切る

カッターを使って線にそって切り落とします。

カッターで手を切らないように、注意してください。軍手やダンボールカッターを使ってもいいです。

クマの顔

箱の内側にくまの顔を描きます。

くまの足のパーツ

余ったダンボールで足のパーツを作ります。

足の根元には、本体に組み合わせた時に引っかけられるように、でっぱりがあります。

マジックで真っすぐな線

箱の前面に足のパーツをはめ込むための線を描きます。

線は、足の根元と同じぐらいの長さにします。

穴を広げる

線にそってカッターで切ります。

パーツを差し込みやすいように穴を少し広げます。

穴に足のパーツを差し込む

足のパーツを穴に差し入れます。

足の根元の部分のでっぱりを、折り曲げてから穴の中に入れます。

足のパーツが引っ掛かる

足のパーツを穴に入れた後に、でっぱりを戻します。

テープを貼って足を固定してもいいです。

くまの両足

もう片方の足も同じように取り付けます。

ダンボールで作ったくまの手

手のパーツを描いて切り取ります。

おもちゃバンクの看板

おもちゃバンクの看板を養生テープを使って、くまの前面に貼り付けます。

手のパーツを看板に貼り付けます。

くまボックス正面

正面から見ると、くまが手で看板を持っているように見えます。

くまボックス斜めのアングル

くまボックスの完成です。

公民館や児童館にこのくまボックス置かせてもらい、遊ばなくなったおもちゃを募集します。

吹き出し看板

お知らせや、吹き出し風にセリフを貼ってもいいです。

くまボックス上からのアングル

くまくんボックスの中に好きな物を入れて使います。使い方は自由です。

遊びの変化

小さいくまボックス

ダンボール以外の箱で作ってみる。

大きさを変えて作ってみる。

色を塗ってみる。

他の動物で作ってみる。

何を入れるか考えてみる。

関連リンク

遊ばなくなったおもちゃを集め、ゲームや遊びを通して、おもちゃが欲しい子どもに渡る仕組みです。 南畑おもちゃバンクの仕組み①遊ばなくなったおもちゃをまとめます。 ②南畑おもちゃバンクにおもちゃを預けます(寄付してもらいます)。 ...

トップへ戻る